どのような投資信託があるの?

どのような種類があるの?

投資信託は、投資対象や運用方法などによって、さまざまな分類に分けられます。分類を知ることにより、投資信託がどのような投資信託なのかを知ることができます。

MRF

マネー・リザーブ・ファンドの略。毎日決算を行い、安全性の高い国内外の公社債や短期の金融商品を中心に運用する公社債投資信託。(購入・換金は1円以上1円単位で行います。MRFは証券総合口座において、投資資金を待機させておくための商品としても利用されており、換金には手数料がかからない一方、一般的にはMMFと比べて利回りが低くなります)

MMF

マネー・マネジメント・ファンドの略。毎日決算を行い、国内外の公社債や短期の金融商品を中心に運用する公社債投資信託。購入・換金は1円以上1円単位で行います。なお、一般的にMMFは、買付から30日未満に換金すると、1万口につき10円の信託財産留保額がかかります

投資信託で何に投資ができるの?

投資対象地域

日本や米国、欧州をはじめとする先進国のほか、アジアや中南米、アフリカなどの新興国も含め、世界各国・地域へ投資することが可能です。

投資対象商品

国内・国外の株式や債券、不動産投資信託(リート)の他、石油や貴金属などの商品を投資対象としたものまで、さまざまなものがあります。

投資信託は何が魅力なの?

投資信託の魅力1:投資の専門家による運用

  • 株式や債券などの投資に必要な知識や手法を、個人で身につけるのはなかなか難しいものです。投資信託は、経済・金融などに関する知識を身につけた専門家が投資家に代わり大切な資産を運用・管理します。
  • 個人では買えない、買いにくい海外の株式や債券、特殊な金融商品への投資も可能です。

投資信託の魅力2:少額から投資が可能

  • 通常、株式投資や債券投資には、ある程度まとまった資金が必要になります。しかし投資信託は、多くの人が購入できるよう最低申込単位が小口化されており、少ない金額から投資をはじめることができます。
  • 多くの投資信託が、1万円程度から手軽にはじめることができます。
  • 毎月決まった金額で買い付ける「投信つみたてプラン」もあります。

投資信託の魅力3:分散投資でリスクを低減

  • 投資の基本は、資産をいくつかの商品に分けてリスク(値動きの幅)を分散させる「分散投資」です。個人で分散投資をしようとすると管理が大変ですが、投資信託を活用することで、さまざまな資産への分散投資を手軽に行うことができます。

  • 上図は一般的なイメージを示したものです。

ご留意事項

このページの関連情報