よく聞くリスクとリターンって?

リスク・リターンってなに?

どのような金融商品にも、内容や程度は異なるものの、「リスク」と「リターン」があります。
リスクとリターンの関係をしっかりと理解したうえで資産運用を行うことが重要です。

一般的にリスクとリターンの関係は、「リスクが大きいものほどリターンが大きい」、「リスクが小さいものほどリターンが小さい」という傾向があります。つまり「大きな収益を追求すると、リスクは大きくなり、大きな損失も覚悟しなければならない」ということです。
リスクとリターンの程度を考え、自身の目的に合った投資信託を選ぶことが大切です。

投資信託のリスクは?どうやって確認するの?

投資信託ごとにリスクの種類や大きさは異なります。投資信託の価格(基準価額)に影響を及ぼすリスクはさまざまです。それぞれの投資信託のリスクは、投資信託説明書(交付目論見書)などで確認することができます。

知っておきたいこと〜投資信託のリスク〜

価格変動リスク

投資信託が組入れている株式や債券の価格が変動する可能性のことです。一般に株式の価格は、国内および海外の経済・政治情勢などの影響を受け変動します。また公社債は、金利変動により価格が変動するリスクがあります。

流動性リスク

市場規模や取引量が少ない場合、組入銘柄を売却する際に市場実勢から期待される価格で売却できず、不足の損失を被る可能性のことです。一般に新興国の株式や債券は、先進国の株式や債券と比較して、市場規模や取引量が少ないため、相対的に流動性リスクが高いと考えられます。

信用リスク

債券などの発行体(国や企業など)が財政難、経営不振などの理由により、債務不履行(利息や元本などをあらかじめ決められた条件で支払うことができなくなる)が起こる可能性のことです。そういう事態が起こった場合やそれが予測される場合には、発行体の有価証券の価格は下落します。最悪倒産すれば投資元本が償還されないという恐れもでてきます。

為替変動リスク

円と外国の為替相場の変動により、外貨建資産の価値が変動する可能性のことです。外貨建資産は、一般に外国為替相場が当該資産の通貨に対して円高になった場合には、基準価額が値下がりする要因となります。なお、投資信託には為替変動リスクを回避することをめざすタイプ(ヘッジあり)と回避しないタイプ(ヘッジなし)があります。

カントリーリスク

投資対象国や地域において、政治・経済の状況の変化によって証券市場や為替市場に混乱が生じた場合、そこに投資した資産の価値が変動する可能性のことです。特に国債などその国の発行する債券に投資している場合は、発行元の国の政治・経済状態は非常に重要です。

リスクは減らせる?〜3つの方法〜

方法1:資産の分散

資金を1つの金融資産にまとめて投資せず、値動きの異なるさまざまな種類の資産に分散して投資すれば、リスクも分散し、安定性が増します。

方法2:長期保有

市場は、短期間でみると一時的な要因により大きく変動することがありますが、長期間でみると、この変動リスクが小さくなる傾向があります。

  • リターンは、各投資開始時期から、それぞれの投資期間で投資した場合の、リターンの年率換算値
  • 出所:Lipper IM 日本株式: TOPIX(配当込み)、海外株式:MSCIコクサイインデックス(除く日本)、日本債券:Citi世界国債インデックス日本、世界債券: Citi世界国債インデックス(除く日本)すべて円ベース、トータルリターン 期間:1984年12月末〜2015年10月末

方法3:時間の分散

一度に全額を投資するのではなく、何回かに分けて投資をしたり、毎月一定額を積み立てるなどの方法で購入時期を分散させることによって、リスクを小さくすることができます。例えば、定期的に同じ金額で同一の投資信託を購入する方法として、「ドル・コスト平均法」があります。

当社では、時間分散の効果を有効に利用できる「投信つみたてプラン」をご用意しています。つみたて投資は、短期的な値動きに一喜一憂することなく、長期的な資産形成を行える、賢い運用手法の一つです。

投信つみたてプラン

ご留意事項

このページの関連情報