株式投資への素朴な疑問

なんだか難しそうなイメージがあります

多くの人が、株式に対して”難しそう”というイメージだけで、自分から遠ざけています。でも、きちんと知ると、とても身近なことで、遠い世界の話ではないことがわかります。

そもそも、株式投資とはどういうことなのでしょうか?まず、普段何気なく使っている”おかね”の流れをみてみましょう。

私たちの多くは、お金を銀行に預けています。では、銀行はそのお金をどうしているのでしょう。ほとんどの場合、銀行は、お金を「株式会社」に貸しつけています。「株式会社」は、借りたお金で会社を経営します。一方で、私たちは株式会社の経営に直接かかわることができます。株式会社に資金を提供し、株主になるのです。それが、株式投資です。

株式ってどんなメリットがあるのですか

株式投資の主なメリットとして、下の3つがあります。

値上がり益(ねあがりえき)

値上がり益

その株式を買ったときの値段よりも高く売ったときに得られる利益です。例えば400円で買った株式を500円で売ると100円分の利益を得ることができますね。

配当(はいとう)

会社から株主へ

会社の利益から株主(その会社の株式を持っているひと)に支払われるお金です。
配当の支払いについての考え方は会社によりますので、比較的高い割合を利益から支払う会社、事業への投資を重視して配当の率を低めに抑える会社などさまざまです。

株主優待(かぶぬしゆうたい)

企業が株主に、自社製品や優待割引券などを贈る制度です。
例えば、デパート・スーパーなどの会社であれば買い物券、映画会社であれば劇場招待券などです。
社会貢献活動団体への寄付というユニークな企業もありますので、いろいろ探してみると楽しいですよ。

株主優待情報をみる

デメリットもあるのでしょうか

値下がり損

はい。あります。
上記の“値上がり益”からもわかるように、株式の値段は上がったり下がったりします。ですから、下のような可能性も合わせて考えることが重要です。

値下がり損(ねさがりそん)

買ったときよりも株式の値段が下がってしまうと、損になってしまいます。
たとえば、400円で買った株式を300円で売ったら100円損したことになりますね。

企業倒産(きぎょうとうさん)

もし、会社が倒産してしまえば、その株式の価値がゼロになってしまうこともあります。このようなデメリットの可能性のことを指して、株式投資では「リスク」という言葉を使います。

経済にあまり強くないのですが、大丈夫でしょうか

日常を観察してみよう!

大丈夫です。難しい経済用語の勉強ではなく、日常生活を経済の視点から見てみましょう。

例えば、人気の出そうな会社を考えてみます。「最近、焼酎が流行りだした、焼酎の会社は人気がでそうだ」とか、「コンピューターで新しい技術を製品化した会社は人気がでそうだ」といった要領です。
「人気がある」つまり「その会社の株式を買いたい人がたくさんいる」ということが、株式の値段の上昇につながります。日常からの視点が、株式を売買する上で重要な判断材料の一つになるのです。

このように、日常生活や雑誌、新聞の記事、テレビのニュースなどには、株式を売買する上で大切なヒントがたくさん隠されています。株式投資を始めることで、身の回りのいろいろなことが、生きた”経済情報”として自分の中に入ってくることでしょう。

楽しみながら自然と経済に強くなることができます。これも、株式投資を通じてのメリットといえるでしょう。「経済の勉強をするため」に株式投資を始めた、という声も耳にするぐらいです。

株式はまとまったお金がないとできないというイメージがあります

投資を始めるには、みなさんが懸念するほどたくさんの資金は必要ありません。
以下のような商品であれば比較的少額から始めることができます。

ミニ株(株式ミニ投資)

その名の通り、「ミニ」な株式が買えます。例えば、通常だと購入に最低30万円必要な銘柄を、3万円で購入することができます。株式の多くの銘柄は1000株単位で売買しますが、ミニ株はその10分の1、つまり100株単位で売買ができるというものなので、購入に必要な資金も10分の1になります。ただし、すべての株式についてそうできるわけではなく、証券会社によってお取り扱いが異なります。

詳しく知りたい方は、株式ミニ投資をご覧ください。

るいとう

毎月定額で、同じ株式を継続して買っていく制度です。月々1万円以上1,000円単位で株式投資ができます。
(お取扱店のみでの取り扱いで、オンライントレードでのお取り扱いはありません。)

どんな会社の株式を買えば良いのですか

初めはどの銘柄を買ってよいのかわからないと思いますから、自分の興味のある企業を選ぶのがよいのではないでしょうか。例えば、いつも使っているお化粧品の会社、大好きなテーマパークの会社、お気に入りのお菓子の会社、旅行するときに使ってサービスがよかった航空会社など。
株主優待制度を実施している会社であれば、そこの自社製品がもらえるメリットもあります。
(ただし、その企業が良い企業かどうか、業界の発展性があるかどうかといった情報収集も必要です。)

いつから始めたらよいでしょう

十分な資金があるのでしたら、すぐにでもはじめる準備をなさってはいかがでしょうか。

一般的に生活費の3カ月分は、急な出費に備えて予備費として取っておくのがよい、とされています。仮にあなたの1カ月の生活費が15万円だとして、今、貯蓄が75万円あるとしたら、45万円(15万円×3カ月)は予備費としてとっておき、残りの30万円を株式投資に活用してみるのがよいでしょう。

ただしその30万円は、例えば”半年後に旅行に行くため”など、何か確実な目的がある場合には投資には向きません。
そのお金で30万円分の株式を買ったとしましょう。半年後、旅行に使うので株式を売って換金します。しかし、その時点で株価が値下がりしていたら、損をしてしまいます。かといって株式を売りたくなかったら、旅行を取りやめるしかありません。

投資を行う資金は、未来に使う予定のない余裕資金で行うのがよいでしょう。

商品・サービスのご案内

お客様の資産運用ニーズに合った商品・サービスをお選びいただけます。

株式トップへ

『はじめての株式投資』をもっとみる

株式について基礎がわかったら…

口座開設・資料請求

口座開設

資料請求

インターネット・電話・支店で口座開設・資料請求ができます。

ご留意事項

本ページは、一般的な株式投資に関する紹介や解説、これに関連するスキーム等の紹介や解説、及びその効果等に関する説明・検証等を行ったものであり、金融商品の取引その他の取り引きの勧誘を目的としたものではありません。

手数料等について

当社がご案内する商品等へのご投資には、各商品等に所定の手数料等をご負担いただく場合があります。例えば、店舗における国内の金融商品取引所に上場する株式(売買単位未満株式を除く。)の場合は約定代金に対して最大1.242%(ただし、最低手数料5,400円)の委託手数料をお支払いいただきます。投資信託の場合は銘柄ごとに設定された各種手数料等(申込手数料および信託報酬等の諸経費 等)をお支払いいただきます。債券を募集、売出し等または相対取引により購入する場合は、購入対価のみをお支払いただきます(購入対価に別途、経過利息をお支払いただく場合があります。)。また、外貨建ての商品の場合、円貨と外貨を交換、または異なる外貨間での交換をする際には外国為替市場の動向に応じて当社が決定した為替レートによるものとします。上記手数料等のうち、消費税が課せられるものについては、消費税分を含む料率または金額を記載しています。

リスク等について

国内上場有価証券等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。なお、信用取引を行う場合は、対象となる有価証券の価格変動により損失の額がお客様が差入れた委託保証金の額を上回るおそれ(元本超過損リスク)があります。