NISA(少額投資非課税制度)とは?

2014年1月から、SMBC日興証券のNISA(少額投資非課税制度)が始まりました。

配当金・分配金・譲渡益が、最長5年間非課税

NISA口座の制度概要 早わかり

NISA口座を
利用できるのは?

日本国内にお住まいの方で、NISA口座を開設する年の1月1日において20歳以上のお客様が利用可能です。

いつから
利用できるの?

NISA口座は、2014年1月1日からご利用いただけます。2023年12月31日までの10年間、毎年100万円までの新規投資が可能です。

何が非課税に
なるの?

NISA口座内で購入した上場株式や株式投資信託の配当金※1や分配金、およびそれらの商品をNISA口座内で売却した場合の譲渡益が非課税になります。

※1 上場株式(ETFやREITを含みます)の配当金を非課税とするためには、「SMBC日興証券の配当金受取サービス」をあわせてご利用いただき、配当金を証券口座受取りとする必要があります。

NISA口座で投資すると

配当金・譲渡益が、最長5年間非課税

※2 2013年までは10%。なお2037年までは復興特別所得税が上乗せされます。

毎年100万円を上限に、10年間投資可能

SMBC日興証券でNISA口座を開設するには

どんな手続きが
必要なの?

「非課税適用確認書の交付申請書 兼 非課税口座開設届出書」および「住民票の写し(2013年1月1日時点の住所を証するもので、ご提出時より6カ月以内に発行されたもの)」をご提出いただきます。

NISA口座は複数の
金融機関で開設できるの?

同年中のNISA口座の開設は、お客様1人につき1口座のみとなります。
同時に複数の金融機関でNISA口座を開設することはできません※3

いつから申し込みが
できるの?

申し込みは開始しております。詳しい申し込みの流れはNISA口座開設のご案内ページをご確認ください。

NISA口座開設の流れ

※3 NISA口座で投資を行う場合、以下の各期間につきそれぞれNISA口座を開設する必要があります。各期間につき一度NISA口座を開設すると、同一期間中は再度開設手続きを行う必要はありません。
〈第1期間〉2014年〜2017年 〈第2期間〉2018年〜2021年 〈第3期間〉2022年〜2023年
なお、2015年1月1日以降は、同一期間中であっても1年単位でNISA口座を開設する金融機関を変更する手続きが可能となります。ただし、すでにNISA口座内で買い付けをしている年分については、同年中の金融機関の変更はできません。

ページトップへ

ピックアップ