充実した運用サポート

SMBC日興証券のラップサービス

SMBC日興証券のラップサービスは、「アセットアロケーションに関するアドバイス」「投資信託の紹介」に加えて、「定期的な運用状況の報告」「投資方針の見直し」に至る一連のサービスをご提供することで、お客様の資産運用ニーズに沿った運用をサポートする資産運用サービスです。

【アセット・アロケーション(資産配分)に関するアドバイス】【投資信託の紹介】【定期的な報告】【注文執行】

アセット・アロケーション(資産配分)に関するアドバイス

お客様の資産運用ニーズに沿ったポートフォリオをご提供するためには、まず、お客様の投資方針を明確化することが重要となります。また、株式、債券など、価格変動リスクがある金融商品を組入れる際は、お客様が許容できるリスク水準を適切に設定することが非常に重要となります。

SMBC日興証券のラップサービスでは「運用目的」「運用期間」「資金性格」「お客様の投資経験」「リスク許容度」「組み入れ資産に対するご要望」をお客様からお伺いし、お客様の許容リスクの範囲内でリターンが最大となるような資産配分比率をアドバイスいたします。

投資信託の紹介

SMBC日興証券のラップサービスでは、最適な資産配分比率のアドバイスを行った後、実際にお客様ポートフォリオに組み入れを行う投資信託をご提示いたします。

一般的に資産運用のリスクを抑制するためには、価格変動が異なる複数資産を組合せること、いわゆる分散投資が有効ですが、SMBC日興証券のラップサービスでは国内外の株式、債券、不動産(REIT)、商品(金)などの多様な資産に加えて、株式の売り、買いを同時におこなうことで、市況変動にかかわらず絶対的な運用成果を目指すマーケットニュートラルなど、特徴ある投資信託をご案内いたします。

これらラップサービスに採用される投資信託については、期間ごとのパフォーマンス、参考となる指数に対する超過リターンを測定する定量分析、運用会社の銘柄選定プロセスに関する運用担当者へのインタビューに基づく定性評価の多段階にわたる分析を経て選定されます。選定後も継続的に運用状況を評価し、品質管理に努めています。

これらの採用投資信託の中には、LIPPER(リッパー)やMORNINGSTAR(モーニングスター)などの第3者評価機関から連続して表彰をされる投資信託が複数ございます。

【投資信託群】⇒ポートフォリオを構築

ファンドラップ/SMAの投資信託の選定方法は異なるアプローチ方法を用いています。

注文執行

通常の投資信託の売買に際しては、投資信託を購入いただく際に手数料をお支払いいただきます。SMBC日興証券のラップサービスでは、お預かり資産に対してあらかじめ定められた料率に相当する金額を定期的に(年間、四半期ごとなど)手数料としていただきます。これら手数料にはラップサービスで提供される様々なサービスと投資信託の売買手数料が含まれます。

したがって、運用開始以降の価格変動に伴うポートフォリオのゆがみや、お客様の資産運用ニーズの変化などによる資産配分比率の修正、変更に際しても、お客様は売買に際してコストを気にせず注文執行をいただくことができます。

  • ラップ口座は、サービスの対価として資産運用残高に応じた手数料を定期的にいただきます。

定期的な報告

最適なポートフォリオで運用を開始しても、運用期間が中長期にわたる場合は、価格変動に伴いポートフォリオに大きなゆがみが生じ、予想以上の損失を被ったり、期待しているリターンを得られなくなる可能性があります。また、お客様の資産運用ニーズが変化、ポートフォリオの資産配分比率の変更が必要となるケースも考えられます。

SMBC日興証券のラップサービスでは、「パフォーマンスレポート」にて、当初設定した投資方針に沿った運用と、実際の運用状況や、資産配分比率を、またラップサービスに採用される投資信託についても、マンスリーレポートで運用状況をご確認いただけます。これらの情報をもとに、定期的にポートフォリオをメンテナンスすることによって、当初構築したポートフォリオの資産配分比率への修正(リバランス)など、お客様の運用ニーズに沿った最適運用を継続的に行っていただくための各種サービスをご提供しています。

SMBC日興証券のラップサービスの手数料

SMBC日興証券のラップサービスでは、お預かり資産に対してあらかじめ定められた料率に相当する金額を定期的に(年間、四半期ごとなど)手数料としていただきます。これら手数料にはラップサービスで提供される資産配分アドバイス、投資信託の選定・評価、定期的な運用報告の実施などの各種サービスと投資信託の売買手数料が含まれます。

ラップサービスに対する手数料はこちら

「日興ファンドラップ一任型 費用およびリスク等について」へ

「日興SMAグローバルポート 費用およびリスク等について」へ

メリット2.「最適な分散投資」

このページの関連情報