人事制度

社員が心身共に健康で、活力を持って仕事に取り組める環境づくりのために、ワークライフバランスの推進に取り組んでいます。

VOICE

人事部ダイバーシティ推進室長 勝 具子
人事部ダイバーシティ
推進室長
勝 具子

当社は、すべての社員が心身共に健康で、活力を持って仕事に取り組める環境づくりのために、ワークライフバランスの実現に努めています。
週一回の「早帰りの日」の徹底や計画的な有給休暇取得を奨励するスポット休暇の導入、さらに年に2回の連続休暇やメモリアル休暇など、仕事とプライベートの充実を重視した各種制度を用意しています。
また、社員がより良いコンディションで業務に取り組めるよう、仕事と家庭を両立できる制度を整備・拡充しています。ワーキングマザーを支援する各種制度はもちろん、育児や介護などの理由により退職する社員を男女問わず10年以内に再雇用する「ウェルカムバック制度」など、当社ならではの施策を次々と実行しています。
今後も、こうした取り組みを続けながら、多様な人材がそれぞれ持てる力を最大限に発揮し、すべての社員が長く活躍できる環境を実現していきたいと考えています。

各種休暇制度

スポット休暇制度
2カ月に1日以上の計画的な有給休暇取得を奨励しています。
連続休暇制度
特別有給休暇と年次有給休暇を利用して、最長連続7営業日の休暇を取得できる制度です。年に2回取得することができます。
メモリアル休暇
年に1度、 本人や親族の誕生日、結婚記念日などの記念日に特別有給休暇を取得できます。
ボランティア休暇
災害復興支援活動やその他ボランティア活動に参加する場合、特別有給休暇3日間の取得が可能です。社員の社会貢献活動を支援しています。

育児・介護に係る制度

育児

育児休業
産後休暇後、子どもが3歳になるまで休業の取得が可能です。
育児短時間勤務制度
子どもが中学就学始期まで短時間勤務が可能です。(勤務時間の短縮は最大2時間30分)
看護特別休暇
子どもが1人の場合は年間5日、2人以上の場合は年間10日まで休暇の取得が可能です。

介護

介護休業
ご家族が要介護状態となるごとに1回の休業の取得が可能です。(対象家族1人につき通算して1年間を限度とする)
介護短時間勤務制度
ご家族が要介護状態となるごとに短時間勤務が可能です。(勤務時間の短縮は最大2時間30分)
介護特別休暇
要介護者が1人の場合は年間5日、2人以上の場合は年間10日まで休暇の取得が可能です。

その他の制度

「早帰りの日」実施の
促進・定着
部室店単位であらかじめ決めた日に、定時から1時間後の18時10分までに退社する「早帰りの日」を週1日設けています。
日興「家族で早帰りDAY」
家族の職場見学やプログラムを通じて役社員の家族に当社への理解を深めてもらう、「金融経済教育」を実践する、役社員に対して「ワークライフバランス」を考えるきっかけをつくる、という三つの目的で開催しています。プログラム終了後、参加社員は家族と一緒に早帰りをします。
ウェルカムバック制度
育児や介護などの理由により当社を退職する社員を、退職後10年以内に正社員として再雇用する「ウェルカムバック制度」を設けています。男女を問わずライフステージの変化に柔軟に対応できる体制とすることで、社員が安心して働ける環境をつくることを目的としています。
人間ドック
健保組合では、30歳以上の希望者が年度に1回、1万円の個人負担で人間ドックを受診できる制度を設けています。また、該当年齢(30歳・35歳・40歳・45歳・50歳以上)であれば無料で人間ドックを受診することができます。

働き方・育成制度