リサーチ

笹尾 飛鳥

株式調査部
国際教養学部卒

2012年入社

アナリストランキングで業界トップを目指す

My History

中学校・高校

中学校高校と演劇部に所属。
英語の勉強にも力を注ぐ。

大学

サークルはESSに所属。アルバイトは宅配便の物流倉庫での仕分け作業、クロスワード雑誌の編集などさまざまな分野にチャレンジ。

1年目

株式調査部に配属。財務分析に関する研修を受講し、チームをサポートする業務を覚える。企業の説明会などに足を運び業界研究を進める。

2年目

上司や先輩から多くのアドバイスを受け、様々な業界の知識や業務の幅が広がっていく。

4年目

担当企業を持つようになり、
お客さまを訪問する機会も増加。

笹尾

ジュニアアナリストとして走り回る日々

笹尾

私は機械、造船・プラントセクターのジュニアアナリストとして機関投資家にリサーチ情報を提供し、株式売買をサポートしています。シニアアナリストのサポートのほか、自ら担当する企業の取材などを通し、企業分析に基づいたレポートを発行しています。ロンドンやニューヨークをはじめとする海外拠点の営業担当者と情報を共有するのも重要な業務です。
SMBC日興証券には、若手を育て、チャンスを与えてくれる風土があります。企業分析や語学などの勉強会といった機会が設けられていますし、先輩はいつでもご自身の経験に基づいたアドバイスをくださいます。努力が認められれば仕事を任せてもらえます。そんな懐の深さ、社員の人柄の良さがSMBC日興証券らしさだと思います。私は学生の頃から様々なことに興味を持ち、自分の限界を決めずにチャレンジを続けてきました。そのようにして自然と視野を広げてきたことが今の仕事に活きていると思っています。忙しい日々を送ってはいますが、週末には友人たちと食事をしたり、国内や海外旅行に行くなどリフレッシュもしています。

笹尾

若手を育ててくれる上司や先輩

就職活動時の面談で、社員の方たちが私のやりたいことに耳を傾けてくれ、実現できるフィールドがあると示してくれたことがずっと印象に残っていました。そして入社後、初めて自分の担当銘柄を持った時、上司や先輩は忙しい中でも時間を割き、企業研究のみならず効果的なプレゼンテーションの方法についても教えてくれました。時には厳しい指摘もありましたが、経験に基づいた貴重な知見を、若手にもしっかりと伝えてくれたという感謝でいっぱいでした。そうして発行したレポートは、機関投資家を始め、多数の方々から役に立ったというお声掛けをいただき、本当にうれしかったです。

お客さまからも教わることの多い仕事

アナリストランキングで業界トップになることが私の目標です。あらゆる業種・企業を調査対象とする「フルカバレッジ体制」がSMBC日興証券の強みとして挙げられます。私も担当企業を増やしながら深い企業研究を心がけ、投資家への情報提供力を上げ、リサーチ部門の評価向上に貢献していきたいと思っています。
プロの投資家であるお客さまは業界経験の長い方が多く、まだまだ教えていただくことが多いのが現実ですが、企業に変化があった時や決算時など、的確なタイミングで的確な情報を伝えられると「役に立ったよ」といった言葉をいただけたりします。そんな時に感じるやりがいを忘れず、日々の業務に取組んでいきたいと思います。

リサーチの他の社員を見る