Interview01 プライベート・バンキング部長 齋藤 美和

目指すキャリアやビジョンがあれば、誰もが主役になれる会社。 目指すキャリアやビジョンがあれば、誰もが主役になれる会社。

子供の頃からの夢はずっと、保育士になることでした。ただ、人生で一度はスーツを着たキャリアウーマンになってみたいという気持ちが芽生え、就職活動が終盤を迎えた頃に、日興證券(当時)の採用冊子が目に留まりました。その中にあった、生き生きと法人のお客さまを訪問する女性社員の姿に憧れを抱き、入社を決意しました。当時は女性が専門性の高い総合職で働くのは珍しい時代で、私も出身である北海道内の支店の一般職(当時)として入社しました。入社後は、一般職(当時)でも自ら創意工夫してお客さまの新規開拓を行なうなど、積極的に営業に取り組みました。仕事が楽しく、やりがいを感じていた時、当時の上司の後押しもあり、よりプロフェッショナルに働ける総合職(当時)へと転身することを決めました。北海道から東京に異動となり、上京後は課長職に就いたり、新部署の立ち上げを主導したりと、様々な経験をしました。当社はやりたいことに向かってチャレンジできるフィールドがあるので、目指すキャリアやビジョンがあれば、誰もが主役になれる会社だと思います。

現在は、プライベートバンキング部で部長として働いています。プライベートバンキング部の主な業務は、上場企業オーナーに対しての資産運用や相続、事業承継のアドバイザリーです。お客さまは事業経営で成功してこられた方々なので、提案の質の高さや人としての魅力が一層求められるビジネスです。私自身もこの仕事で経験を積み、自己成長を追求してきましたが、管理職という立場になってからは、部下の成長が自分のことのように嬉しく感じるようになりました。部下の提案がお客さまの問題解決に繋がった時に、共に感動を分かち合えることも、大きなやりがいであると感じています。今後についても、ビジネスを通じて部下と感動を共有できる瞬間が増えるように、共に成長していきたいと思っています。

現在は、プライベートバンキング部で部長として働いています。プライベートバンキング部の主な業務は、上場企業オーナーに対しての資産運用や相続、事業承継のアドバイザリーです。お客さまは事業経営で成功してこられた方々なので、提案の質の高さや人としての魅力が一層求められるビジネスです。私自身もこの仕事で経験を積み、自己成長を追求してきましたが、管理職という立場になってからは、部下の成長が自分のことのように嬉しく感じるようになりました。部下の提案がお客さまの問題解決に繋がった時に、共に感動を分かち合えることも、大きなやりがいであると感じています。今後についても、ビジネスを通じて部下と感動を共有できる瞬間が増えるように、共に成長していきたいと思っています。

Career Path Career Path

SMBC日興証券の採用冊子に掲載されていた、女性社員の姿に憧れを抱き、入社を決意。
1年目
北海道内の支店に、一般職(当時)として入社。
5年目
よりプロフェッショナルに働けると考え、総合職(当時)へ職系変更。
7年目
都内の支店で、運用コンサルタント課(当時)へ異動。
9年目
首都圏の支店において、投資アドバイザー課長(当時)となる。
12年目
本社企画系部署へ異動し、新部署の立ち上げを主導。
14年目
プライベートバンキング部へ異動。
20年目
プライベートバンキング部課長となる。
22年目
プライベートバンキング部長となる。

就活生に向けてメッセージ 就活生に向けてメッセージ

どの会社に入社するかは、人生を左右するほど大切だと感じています。しかし実際には、就活時に将来のビジョンを明確に描けている人は、少ないのではないかと思います。何をしたいか決められない時は、何でもチャレンジさせてくれるような企業を選んでみてください。きっと自分のやりたい事が、そこにはあるはずです。

女性社員の活躍