Working Mother’s Voice File3:梶谷 未希

仕事と家庭の両立。それを実現するための万全な環境整備がある。 仕事と家庭の両立。それを実現するための万全な環境整備がある。

私がSMBC日興証券への入社を決めた理由は、就職活動中にお会いした女性社員の方々が生き生きと仕事をされている姿を見て、女性が長く働ける環境が整っていると感じたからです。実際に私が妊娠した際も、周りの方々は常にあたたかく接してくださり、産休・育休を取得し復帰されている先輩には、たくさん相談に乗ってもらいました。担当していたお客さまに妊娠をお伝えしたとき、家族のように喜んでくださったこともとても嬉しかったです。出産を経て復帰することに不安を覚える方もいるかもしれませんが、当社の場合、復職時研修に参加して先輩社員のお話を直接伺うことができるので、私も復職後の仕事と家庭の両立について具体的なイメージを持つことが出来ました。また、同時期に産休・育休を取得している社員同士で話す機会にもなって、非常に心強かったです。

やっと見つかった保育園の場所が自宅から遠いため、復職してから現在まで育児短時間勤務を利用し、定時より1時間早く退社しています。働く時間が限られるので、以前より効率良く仕事をすることや自分で時間を創り出すことを意識するようになりました。会社全体としても、スポット休暇の取得や早帰り日の励行等、効率的に仕事をしていく意識付けがされているので、女性にとってだけでなく全社員にとって働きやすい環境が整っていると感じます。仕事と家庭の両立は大変ですが、子供の話題でお客さまと話に花が咲くことも多く、出産後も仕事を続けて良かったと思っています。

やっと見つかった保育園の場所が自宅から遠いため、復職してから現在まで育児短時間勤務を利用し、定時より1時間早く退社しています。働く時間が限られるので、以前より効率良く仕事をすることや自分で時間を創り出すことを意識するようになりました。会社全体としても、スポット休暇の取得や早帰り日の励行等、効率的に仕事をしていく意識付けがされているので、女性にとってだけでなく全社員にとって働きやすい環境が整っていると感じます。仕事と家庭の両立は大変ですが、子供の話題でお客さまと話に花が咲くことも多く、出産後も仕事を続けて良かったと思っています。

Private Private

平日は家族と一緒に過ごす時間が限られるため、休日は近所の公園や動物園に家族で出掛けることが多いです。また、普段あまり長く話せない分、会話を多くすることを心掛けています。

利用した制度 利用した制度

復職支援プログラム:産休レターセット

出産後の提出書類は全て事前に「産休レターセット」として配布されるので、いろいろな手続きがスムーズに出来ました。
また、保育園の入園結果が復職時期近くまでわからなかったため、人事の方に相談させていただき最適な時期に復帰することが出来ました。

女性社員の活躍