口座番号やパスワードが保存されないようにするには

ご注意

日興イージートレードのログイン画面で、支店コード・口座番号・パスワードの入力欄に、過去に入力した内容が保存(表示)される場合があります。
これらは、過去に入力した内容を保存するブラウザ(インターネット閲覧ソフト)の機能が有効になっている場合に起きますが、入力が不要になるという便利な面がある一方で、例えばご家族で1台のパソコンをご利用の場合やご自宅以外のパソコンで日興イージートレードをご利用になった後(離席時)などに、第三者に容易にアクセスされることもあるため、当社ではセキュリティ保護の観点からこの機能のご利用は推奨しておりません。
ブラウザの設定を変更することでパスワードが保存されないようにすることができますので、必要に応じて以下の方法をお試しください。

  • 以下にご紹介する操作を行うと、他社のウェブサイト(例えば金融機関サイトやショッピングサイトのログイン画面など)でもパスワードが保存されなくなったり、保存されていたデータが削除されます。
    あらかじめご承知のうえで設定の変更等を行ってください。

InternetExplorerをご利用の場合

InternetExplorerの『オートコンプリート』という機能を有効にしている場合、口座番号やパスワードの過去の入力内容が保存され、ログイン画面の入力フォーム等に表示される場合があります。
保存(表示)させない、または保存されたデータを削除したい場合の操作方法は以下をご参照ください。

  • InternetExplorerのバージョンによっては以下の手順内のメニューの名称などが異なる場合がございますが、バージョンが異なる場合も基本的に類似の操作手順で設定や削除を行うことができます。

口座番号、パスワードが保存されないようにする

(各項目の+ ボタン画像ボタンをクリックすると、画面のイメージをご覧いただけます。)

【ステップ1】右上の『歯車のボタン』(またはメニューバーの『ツール』)から『インターネットオプション』を選択

STEP1 右上の『歯車』のボタン(またはメニューバーの『ツール』)から『インターネットオプション』を選択

【ステップ2】『インターネットオプション』画面で『コンテンツ』タブを選択し、オートコンプリートの『設定』ボタンをクリック

STEP2 『インターネットオプション』画面で『コンテンツ』タブを選択し、オートコンプリートの『設定』ボタンをクリック

【ステップ3】『オートコンプリートの設定』画面で『フォームのユーザー名およびパスワード』のチェックを外す

STEP3 『オートコンプリートの設定』画面で『フォームのユーザー名およびパスワード』のチェックを外す One Point 『フォーム』のチェックを外すと、ログイン画面の支店コードや口座番号だけでなく、すべての入力フォーム(例えば銘柄検索の入力欄など)で入力した履歴も保存されなくなります。

【ステップ4】『OK』ボタンをクリックして『オートコンプリートの設定』画面を閉じる

STEP4 『OK』ボタンをクリックして『オートコンプリートの設定』画面を閉じる

【ステップ5】『OK』ボタンをクリックして『インターネットオプション』画面を閉じる

STEP5 『OK』ボタンをクリックして『インターネットオプション』画面を閉じる

既に保存されている口座番号、パスワードを削除する

(各項目の+ ボタン画像ボタンをクリックすると、画面のイメージをご覧いただけます。)

『口座番号、パスワードが保存されないようにする』のステップ1〜2の手順と同様に操作

【ステップ1】『オートコンプリートの設定』画面で『オートコンプリート履歴の削除』ボタンをクリック

STEP2 『オートコンプリートの設定』画面で『オートコンプリート履歴の削除』ボタンをクリック

【ステップ2】『閲覧の履歴の削除』画面で削除したいデータにチェックを入れた状態で『削除』ボタンをクリック

STEP3 『閲覧の履歴の削除』画面で削除したいデータにチェックを入れた状態で『削除』ボタンをクリック

【ステップ3】『口座番号、パスワードが保存されないようにする』のステップ4〜5の手順で画面を閉じる

既に保存されている入力フォームの過去の入力内容(履歴)を個別に削除する

(各項目の+ ボタン画像ボタンをクリックすると、画面のイメージをご覧いただけます。)

【ステップ1】履歴を削除したい入力フォームにカーソルを合わせる

STEP1 履歴を削除したい入力フォームにカーソルを合わせる

【ステップ2】フォーム内をダブルクリック、またはキーボードの『↑』や『↓』のキーを押して過去の履歴を表示

STEP2 フォーム内をダブルクリック、またはキーボードの『↑』や『↓』のキーを押して過去の履歴を表示

【ステップ3】削除したいデータを選択した状態でキーボードの『Delete』キーを押して履歴を削除

STEP3 削除したいデータを選択した状態でキーボードの『Delete』キーを押して履歴を削除

Microsoft Edgeをご利用の場合

Microsoft Edgeの『パスワードを保存する』『フォームへの入力を保存する』という機能を有効にしている場合、口座番号やパスワードの過去の入力内容が保存され、ログイン画面の入力フォーム等に表示される場合があります。
保存(表示)させない、または保存されたデータを削除したい場合の操作方法は以下をご参照ください。

  • Microsoft Edgeのバージョンによっては以下の手順内のメニューの名称などが異なる場合がございますが、バージョンが異なる場合も基本的に類似の操作手順で設定や削除を行うことができます。

口座番号、パスワードが保存されないようにする

(各項目の+ ボタン画像ボタンをクリックすると、画面のイメージをご覧いただけます。)

【ステップ1】右上の『・・・』のボタンを選択し、『設定』を選択

【ステップ1】右上の『・・・』のボタンを選択し、『設定』を選択

【ステップ2】『設定』画面で『詳細設定を表示』を選択

【ステップ2】『設定』画面で『詳細設定を表示』を選択

【ステップ3】『パスワードを保存する』『フォームへの入力を保存する』がオフになっていることを確認し、右上の『・・・』のボタンをクリック、画面を閉じる

【ステップ3】『パスワードを保存する』『フォームへの入力を保存する』がオフになっていることを確認し、右上の『・・・』のボタンをクリック、画面を閉じる

既に保存されている口座番号、パスワードを削除する

(各項目の+ ボタン画像ボタンをクリックすると、画面のイメージをご覧いただけます。)

『口座番号、パスワードが保存されないようにする』のステップ1〜3の手順と同様に操作

【ステップ1】『パスワードを保存する』『フォームへの入力を保存する』がオンになっている場合はオフに切り替え、すでに保存されているものがないか確認するため『保存されたパスワードを管理する』をクリックする

【ステップ1】『パスワードを保存する』『フォームへの入力を保存する』がオンになっている場合はオフに切り替え、すでに保存されているものがないか確認するため『保存されたパスワードを管理する』をクリックする

【ステップ2】すでに保存されたパスワードが存在すればリストに表示されるので、右側の『×ボタン』をクリックして削除する

【ステップ2】すでに保存されたパスワードが存在すればリストに表示されるので、右側の『×ボタン』をクリックして削除する

【ステップ3】保存されていたパスワードが削除されたのを確認してから、右上の『・・・』のボタンをクリック、画面を閉じる

【ステップ3】保存されていたパスワードが削除されたのを確認してから、右上の『・・・』のボタンをクリック、画面を閉じる

その他のブラウザをご利用の場合

お客様がご利用のブラウザの「設定」「オプション」等に、「パスワード」や「フォーム」への自動入力または保存の有効/無効を設定する項目や、過去に入力・保存されたデータを管理する項目がございますので、これらの設定でパスワードの保存を無効にしたり、保存されたデータの削除を行ってください。

  • 当社の動作確認環境以外のブラウザについては操作説明等のサポートはいたしかねますので、設定方法については各ブラウザのヘルプ等をご参照くださいますようお願いいたします。

画面イメージ(一例)

GoogleChromeの場合(設定画面)

Google Chrome の場合(設定画面)

MozillaFirefoxの場合(オプション画面)

Mozilla Firefox の場合(オプション画面)

このページの関連情報