初めてでもわかりやすい用語集

閉じる

額面金額 (がくめんきんがく)

額面金額とは、債券の券面に記載されている金額で、一般的には債券の最低申込単位のことです。債券によって異なり、利付国債は5万円が多く、個人向け国債は1万円です。
ただし、債券は必ずしも額面金額で発行されるわけではなく、購入する際には発行価格が用いられます。発行価格は額面金額100円当たりで表示されます。
例えば、「額面金額10万円」で「額面金額100円当たり発行価格が100.25円」の債券を購入するときに必要なお金は、100,000円÷100円×100.25円=100,250円です。

ワンポイント

債券の発行価格は、その都度、変わります。例えば、利付国債は毎月発行されていますが、額面金額100円につき99.99円で発行されるときもあれば、100.07円で発行されるときもあります。
なお、財務省のホームページには国債の発行スケジュールが掲載されており、額面金額だけでなく、購入できる時期(募集期間)や利率(表面利率)も調べることができます。また、証券会社でも確認できます。