CSR

働きやすい職場環境づくり

ワークライフバランス

社員が心身共に健康で、活力を持って仕事に取り組める環境づくりのために、労使協働でワークライフバランスの推進に取り組んでいます。

早帰りの促進

「早帰りの日」実施の促進・定着

2005年7月より、部室店単位であらかじめ決めた日に、退社時刻から1時間後の18時10分までに退社する「早帰りの日」を週1日のペースで設けています。

「早帰り強化月間」の実施

2013年7月より、業務の効率化を通じて役社員の時間を創出し、労働生産性、ワークライフバランスの充実に繋げることを目的とし導入。強化月間中の退社時刻のアナウンスや実施状況のモニタリングを行っています。

日興「家族で早帰りDAY」

▲パラスポーツ ボッチャ体験

日興家族で早帰りDAYは、社員のご家族に、当社の仕事について、また当社の取組みについてご理解を深めていただき、「ダイバーシティ」や「ワークライフバランス」について考えるきっかけを作るために、経営企画部CSR室及び関連各部で協働して開催しています。

5回目となる今回は、新丸ビルに勤務している社員のお子様やご家族の方に加えて、三井住友フィナンシャルグループの各社にお勤めの方とそのご家族の方にもご参加いただき、パラスポーツのボッチャ体験会、職場見学会をした後、ご家族と一緒に早帰りを実施しました。

スポット休暇制度

▲WLBのポスター

2013年4月より、2か月に1日の計画的な有給休暇取得を奨励する「スポット休暇制度」を導入しました。同制度の導入により、社員が自らの責任と意思において時間管理を行っていく企業風土の醸成を図ります。

ワークライフバランスをテーマにしたポスターを社員組合と会社が共同で作成し、全部署に掲示することで、「早帰りの日」「スポット休暇制度」の浸透・定着を進めています。

両立支援

社員が、仕事とプライベートの調和を図り、より良いコンディションで業務に取り組めるよう、育児・介護に関する各種制度を設けています。

仕事と育児との両立支援

復職支援プログラム

▲育休職場復帰サポート講座の様子

産休・育休を取得する社員が、復職後も仕事にやりがいや充実感を持って働き続けられる環境づくりを支援する目的で、2012年に復職支援プログラムを策定、運営を開始しました。妊娠から出産、職場復帰までの各段階において、同じ境遇の社員とのネットワークづくり、情報共有、管理職とのコミュニケーション、知識・スキルの補強を図る支援プログラムを用意しています。

▲育休・産休者向けサイト

また2013年4月より、男性社員の育児参加を支援するため、育児を理由とする年次有給休暇の取得制度「短期育児休業制度」を導入しました。子が誕生した男性社員および上司へのメール配信や、日頃から育児に参加している男性社員による座談会を通して、育児参加への意識醸成と制度の利用促進を図っています。

■育児関連制度

制度名 概要 取得人数
2014
年度
2015
年度
2016
年度
育児休業制度 子が満3歳の誕生日を迎える前日まで 289人 316人 302人
育児短時間勤務制度 子が中学校就学始期まで
(勤務時間の短縮は最大2時間30分)
223人 252人 255人
看護特別休暇制度 子が1人の場合は年間5日、2人以上の場合は年間10日
短期育児休業制度 3歳未満の子と同居している社員が対象で、最大10営業日
(ただし年次有給休暇残の範囲)

仕事と介護との両立支援

▲社員向け介護サイト「介護のひろば」

少子高齢化が進む中、要介護の家族を抱える社員の増加が予想されたことから、2013年4月より、介護を理由とする年次有給休暇の取得制度「短期介護休業制度」を導入しました。

また、2014年10月には介護に関する情報の提供を目的としたサイト「介護のひろば」を社内イントラネット内に開設し、公的・社内制度の紹介や、介護についての知識習得コンテンツ、専門家による相談窓口の提供を行っています。

■介護関連制度

制度名 概要 取得人数
2014
年度
2015
年度
2016
年度
介護休業制度 対象家族が要介護状態となるごとに1回の休業の取得が可能(対象家族1人につき通算して1年間を限度とする) 2人 2人 4人
介護短時間勤務制度 対象家族が要介護状態となるごとに短時間勤務が可能
(勤務時間の短縮は最大2時間30分
1人 2人 2人
介護特別休暇制度 要介護者が1人の場合は年間5日、2人以上の場合は年間10日
短期介護休業制度 要介護者のいる社員が対象で、最大10営業日

ウェルカムバック制度

育児や介護などの理由により当社を退職する社員を、退職後10年以内に正社員として再雇用する制度。男女を問わずライフステージの変化に柔軟に対応できる体制とすることで、社員が安心して働ける環境をつくることを目的としています。

■制度概要

対象者 退職時点で、勤続3年以上のプロフェッショナル社員
対象条件 退職事由が結婚、出産・育児、配偶者の転勤、介護で、退職時に本制度の申請を行っていること
再雇用期限 退職日より10年以内

健康経営の推進について

「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」の認定取得

当社は、経済産業省と日本健康会議が主催する「健康経営優良法人認定制度」において、健康経営に取り組む優良な法人として「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」に認定されました。
健康経営優良法人認定制度とは、健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標とした顕彰制度です。

当社の取り組みについてはこちら

「健康経営宣言」の制定

当社は、社員の健康増進を経営課題の一つと捉え、社員とその家族の健康保持及び増進を図るため、2018年4月1日付で「健康経営宣言」を制定しています。また、健康経営をより確かに推進するため、同日付けでCHO(Chief Health Officer:健康管理最高責任者)を選定しました。

健康経営宣言

SMBC日興証券にとって、全ての社員が大切な財産です。お客さまに高い価値を提供し続ける会社であるためには、社員一人ひとりが心身ともに健康でいきいきと働くことが重要であると考えています。
この信条に基づき、社員の健康増進施策を実施し、個性や能力を最大限に発揮できる、活力ある職場環境を整えていきます。
また、会社と健康保険組合が一体となって、社員とその家族の健康保持及び増進を積極的に進めていくことを宣言します。

健康経営の推進についてのプレスリリースはこちら