資産運用の種類とは?

超低金利が続く今、人生でかかるお金をそのまま預貯金のままで増やすのは難しいです。資産運用のはじめ方やどのように準備するのか、資産運用の種類分かりやすく解説します。

運用するお金を決める〜お金に役割を持たせよう〜

生活費などの支出に充てるお金以外は、当面は使わないお金として預貯金にすることが多いと思います。お金の役割にあった運用のバランスを考えることが必要です。

資産運用の世界でのリスク

一般的に「リスク」という言葉は、「危険」という意味でつかわれていますが、資産運用の世界では、「リターンの振れ幅」のことを意味します。

リスクとリターンの関係

リスクが高い運用 大きい収益が期待できる反面、大きな損失が発生する可能性もあります。
リスクが低い運用 期待できる収益は相対的に小さくても、リターンの変動幅も小さくなる傾向があります。

金融商品のリスク・リターン

どの金融商品にもリスクとリターンがあります。代表的な金融商品をリスク・リターンの関係に並べてみると下記のようにイメージできます。

  • 上記のリスク・リターンはイメージであり、将来の運用成果を約束するものではありません。

>はじめての株式投資はこちら

>はじめての投資信託はこちら

>はじめての債券投資はこちら

金融電卓(積立シミュレーター)

将来に備えて、これからお金を運用していきたい方のために、毎月いくら積み立てる?目標通りに積み立てたらいくらになるの?何年くらい積み立てすればよいの?といったシミュレーションが簡単に計算できます。
(所要時間:1分)

将来に備えて、これからお金を運用していきたい方のために、毎月いくら積み立てる?目標通りに積み立てたらいくらになるの?何年くらい積み立てすればよいの?といったシミュレーションが簡単に計算できます。
(所要時間:1分)

毎月の積立金額は?

計算する

いくらになる?

計算する

必要な積立期間は?

計算する

必要な利回りは?

計算する

商品選びのヒント

資産運用には株式、投資信託などさまざまな商品の選択肢がありますが、自分に合う商品は、どやって選べばいいでしょう?
ちょっと迷ったら簡単なシュミレーションをして、選び方の参考にしてみませんか。

分散投資のすすめ

分散投資は、投資対象を多様化させることで、資産運用に伴う価格変動リスクを低減させて好リターンをめざす有効な方法です。

国内外の国や地域、株式や債券など商品、円やドルなどの通貨と、積立などの時間で分けるという、大きく4つの考え方があります。

  • このページは、SMBC日興証券株式会社(以下、当社)が信頼性が高いとみなす情報等に基づいて作成していますが、当社がその正確性、完全性または適時性を保証するものではありません。また、情報が不完全な場合や、要約している場合もあります。
  • このページ及びページにある情報をいかなる目的で使用される場合におきましても、お客様の責任と判断において使用されるものであり、このページ及びページにある情報の使用による結果について、当社は何ら責任を負うものではありません。

このページの関連情報