お客様へのお知らせ

2013年11月1日
SMBC日興証券株式会社

信用取引の制度変更に伴う対応について
〜反対売買後の確定利益をすぐに次の信用取引で利用可能に〜

2013年1月より実施された信用取引の委託保証金に関する制度変更(※)について、日興イージートレード信用取引では2013年2月4日(月)注文執行分より一部対応を行っておりましたが、このたび「信用取引の反対売買による確定利益を約定日から委託保証金の総額に加算する対応」を2013年11月8日大引け後(11月11日注文執行分)より行います。
これに伴い、信用取引におけるお客様の資金効率がさらに向上し、利便性も高まります。

【対応内容】

現行は、反対売買により確定利益が生じた場合、その利益額を委託保証金の総額に加算して計算することができませんでした。本対応において、反対売買により確定利益が生じた場合、その利益額を委託保証金に加算して計算出来るようなり、次の信用取引に利用することが可能となります。

「金融商品取引法第百六十一条の二に規定する取引及びその保証金に関する内閣府令」の一部改正が行われ、2013年1月1日から施行されたため、内閣府令の改正にあわせて、各証券取引所の受託契約準則の一部改正が行われました。これにより、信用取引の委託保証金の計算方法等が変更されました。

反対売買後の確定利益をすぐに次の信用取引に利用可能となります。

手数料、諸経費等は考慮していません。

以上