主なファンドのご紹介

分散投資で安定した長期投資をはじめよう

主なファンドのご紹介

  • 当社取り扱いファンドの一部を掲載しています。
  • 投資信託は、リスクを含む商品であり、運用実績は市場動向等により変動します。したがって元本保証、利回り保証のいずれもありません。
ファンド名称 ファンドの概要
日興ブラックロック・ハイ・クオリティ・アロケーション・ファンド(為替ヘッジなし)/(限定為替ヘッジ)/(為替ヘッジなし・年2回決算型)/(限定為替ヘッジ・年2回決算型) 世界各国の株式や債券など、様々な資産へ分散投資し、投資環境に応じて各資産への配分比率や個別証券への投資比率を機動的に変更します。
日興ワールド・トラスト―日興ブラックロック・ハイ・クオリティ・アロケーション・ファンド(米ドル建て) ファンドは米ドル建ての外国投資信託です。世界各国の株式や債券など、様々な資産へ分散投資し、投資環境に応じて各資産への配分比率や個別証券へ投資比率を機動的に変更します。
日興レジェンド・イーグル・ファンド(資産成長コース)/(円ヘッジコース)/(毎月決算コース) 主に割安と判断される世界各国(エマージング地域を含む)の株式等を投資対象とし、ボトムアップ方式により個別銘柄の調査を行い、様々な分析を加え、財務内容を徹底的に分析します。
アセットアロケーション・ファンド(安定型)/(安定成長型)/(成長型)(愛称:らっぷちゃん) 世界各国の債券、株式および不動産投資信託等に分散投資することにより、信託財産の中長期的な成長を目指して運用を行います。資産配分比率は、日興グローバルラップおよびエドモン・ドゥ・ロスチャイルド・アセット・マネジメント(ルクセンブルグ)からの投資助言を基に決定します。
ファイン・ブレンド(毎月分配型)/(資産成長型) 主に、収益が期待できる5つの資産(日本国債、海外債券、グローバル株式、グローバルREIT、金)を主要投資対象とします。各資産の基準価額への影響度合いが、5資産間で概ね均等になるような資産配分戦略(ファイン・ブレンド戦略-年金運用ではリスク・パリティと呼ぶ)を用い、基準価額が、特定資産から受ける影響を抑えることを目指します。
ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(愛称:クアトロ) 主に日本を含む世界の株式および債券等への投資ならびにデリバティブ取引を行い、オルタナティブ戦略(REIT、コモディティ、ロング・ショート戦略等)も取り入れます。市場環境に応じて各資産の収益とそのリスク見通しを分析して投資資産を選択し、その配分比率を決定。為替ヘッジは、必要と判断した場合に行うことがあります。
三井住友・ピムコ・ストラテジック・インカムファンド(為替ヘッジあり・3カ月決算型)/(為替ヘッジなし・3カ月決算型)/(為替ヘッジあり・年1回決算型)/(為替ヘッジなし・年1回決算型) 主として米ドル建ての債券および債券関連派生商品等に投資します。米国の債券等、米国以外の先進国債券、新興国債券および債券関連派生商品等に分散投資します。
シュローダー・インカム・アセット・アロケーション(毎月決算型)Aコース(為替ヘッジなし)/Bコース(為替ヘッジあり)(愛称:グランツール)・(1年決算型)Aコース(為替ヘッジなし)/Bコース(為替ヘッジあり)(愛称:グランツール1年) 世界の高配当株式、債券など複数の資産(インカムアセット)に投資し、市場環境に合わせて機動的に資産配分の調整を行います。

ご留意事項

このページの関連情報