「不動産投資」はREITによって身近なものに! REITファンド特集

「不動産投資」はREITによって身近なものに! REITファンド特集

上場不動産投信(REIT)とは

  • 上場不動産投信(REIT)とは、投資家から集めた資金や借入金などをもとに不動産に投資を行ない、そこから生じる賃料収入や売買損益などを、投資家に分配することを目的とした金融商品です。
  • 一般に、REITは株式と同じように金融商品取引所で売買することが可能です。

  • 上記はイメージ図であり、実際とは異なる場合があります。

  • 上記はイメージ図であり、実際とは異なる場合があります。

REIT価格の主な変動要因

  • REITの収益は、保有物件の稼働率や賃料により変動します。REIT価格は、REITの収益の増減に大きく影響を受けるため、稼働率や賃料の動向が注目されます。また、不動産価格の動向は、保有物件の資産価値に影響を与えます。

  • REIT価格への影響に関する説明は一般論であり、実際は異なる動きをする場合があります。また、要因は上記だけに限りません。
  • 上記はイメージ図であり、実際とは異なる場合があります。また、将来の運用成果等を約束するものでもありません。

世界の主要REIT市場について

  • REITは1960年に米国で誕生し、オランダ、オーストラリアなどでも制度化されました。 その後、2001年には日本でもREIT市場が開設され、次いでアジア諸国や欧州で REIT制度導入が続きました。なお、REIT市場の規模を示す時価総額をみると米国が最も大きくなっています。

【国別構成比(時価総額ベース)】

投資信託の分散投資のイメージ

【国別構成比(時価総額ベース)の推移】

世界各国・地域への投資が可能

  • REITの構成比は、S&P先進国REIT指数に基づきます
  • 各国・地域の時価総額は、1米ドル=106.28円(2019年8月末)で円換算しています。
  • 上記は過去のものであり、将来を約束するものではありません。
  • 端数処理の関係で合計が100%にならない場合があります。

(信頼できると判断したデータをもとに日興アセットマネジメントが作成)

  • 新興国においてもREIT市場の創設やREIT制度導入が検討されています。REIT制度を導入する国・地域が増加することで、投資対象の拡大が予想されます。

世界の主要REIT市場について

  • 上記は過去のものであり、将来を約束するものではありません。

(信頼できると判断したデータをもとに日興アセットマネジメントが作成)

REITファンドラインナップ

ご留意事項

このページの関連情報