外貨の投資環境を確認

外貨投資の魅力!「外貨建てファンド」特集

外貨の投資環境を確認

  • 相対的に高い利回りが獲得できる反面、外貨建て資産は、常に為替の動きによって資産価値が変動するので注意が必要です。経済格差、金利格差、政治的要因等さまざまな事象が絡み合って、日々の外国為替相場は変動するため、外貨での運用を行う際には、経済の動向などを中長期で捉えることが大切です。為替動向に加え、GDP成長率や格付け、人口などから各国の経済情勢をご確認いただいた上で、ご投資ください。

  • 出所:International Monetary Fund, World Economic Outlook Database, April 2016、Bloomberg

人口は概算値、GDP成長率は実質GDP成長率を使用(IMF2016年予想値)。ユーロ圏は19か国で計算。格付けはMoody's社による外貨建て長期ソブリン債の格付け(2016年7月20日時点)。ムーディーズ社(Moody's)は代表的な格付け機関です。上記格付け会社は「無登録業者」となりますので、当該格付けは「無登録格付け」となります。

  • 出所:Bloomberg
  • 日次データ
  • トルコは、2010年5月18日に主要政策金利を翌日物借入金利から1週間物レポ金利に変更。
  • 日本は、2013年4月4日に金融市場調節の操作目標が無担保コール翌日物金利からマネタリーベースに変更となったが、2013年4月5日以降も無担保コール翌日物金利(市場平均)を表示。
    上記は過去のものおよび見通しであり、将来を約束するものではありません。

  • 出所:Bloomberg
  • 月次データ上記は過去のものおよび見通しであり、将来を約束するものではありません。

為替レート(市場実勢相場)はこちら

為替市況はこちら

ご留意事項

このページの関連情報