外貨投資の魅力!「外貨建てファンド」特集

外貨投資の魅力!「外貨建てファンド」特集

外貨投資の意義

  • 長期にわたり、低金利環境が続いている日本では、さらに、2016年2月よりマイナス金利が導入されました。一方、日本銀行は2%の物価上昇をめざし「異次元緩和」を導入しており、今後、実際に物価が上昇すると、将来的に現金価値の実質的な価値が目減りするリスクがあることから、それらに備える必要があります。

  • 上記はシミュレーションでありイメージです。
  • 対応策の一つとして、インフレを上回る金利で資産を運用することがあげられます。金利水準によって、得られる運用収益は大きく異なり、特に中長期で運用することで、収益獲得の効果も高くなる傾向にあります。

  • 上記はシミュレーションであり、将来の投資成果をお約束するものではありません。
  • 低金利が継続している日本と比較すると、海外には相対的に金利水準の高い国も多くあります。これらの国々の通貨で投資を行うことにより、相対的に高い利回りの収益を得ることが期待できます。
    (※海外通貨の投資においては、為替リスクやカントリーリスク等のリスクがありますので、ご投資の際はご留意ください。)

  • 出所:Bloomberg、J.P. Morgan Asset Management
  • 注:一部については、前後の年限の平均値や、年限の近い国債を使用。データは2016年6月30日時点で取得可能な最新のものを掲載。

ご留意事項

このページの関連情報