社会に大変革をもたらす可能性を秘めたAI技術

最先端テクノロジーが未来を変える!先端技術関連ファンド特集

第3次AIブーム到来!社会に大変革をもたらす可能性を秘めたAI技術

  • AIの一般的なイメージは、「人のように話す」、「人のように考える」などが挙げられます。しかし、第1次・第2次AIブームにおけるAIは、人が情報をコンピューターに入力することで稼働しており、イメージとはかけ離れたものでした。
  • 「第3次AIブーム」では、こうした状況が大きく変わり始めています。その道をひらいたものが新たなAI技術「ディープラーニング」です。これによりAIは自ら学習し判断するなど、機能を格段に高めています。

  • (出所)総務省「AIネットワーク化検討会議中間報告書(2016年)別紙」、各種資料より三井住友アセットマネジメント作成
  • 上記はイメージであり、実際とは異なる場合があります。

人工知能50年来の革命”ディープラーニング”

  • ディープラーニングは、学習能力をコンピュータに獲得させる手法・技術である機械学習の一つです。これによりAIは、教え込んだことの再現だけではなく、自ら学び、考えるようになるなど飛躍的な進歩を遂げています。
  • 1956年にAIという言葉が誕生して以降、足元ではこの「ディープラーニング」という新たなAIの手法が登場したことなどを背景に、“人工知能50年来の革命”と言われるほどに注目されております。各国政府企業は積極的に研究開発を推し進めており、さらなる成長が期待されます。

  • 上記はイメージであり、実際とは異なる場合があります。
  • (出所)ImageNet Large Scale Visual Recognition Challengeのデータより三井住友アセットマネジメント作成
  • 上記のデータは過去の実績であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。また、当ファンドの将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものでもありません。

(ご参考)AIはいつのまにか生活の身近なところに

  • AIは、遠い未来や最先端の技術であり、私たちの生活にあまり関係がないと思われがちです。しかし、実は身近な生活への浸透は著しいものとなっています。たとえば、ウェブサイトにおけるターゲティング広告、自動車の衝突回避システムや自動走行支援、話しかけた内容を理解し操作を実行してくれるスマート端末などが挙げられます。
  • 近年のAIの進化は目覚ましく、今後私たちの生活をさらに豊かにする可能性を秘めています。

  • 個別銘柄に言及していますが、例示を目的とするものであり、当ファンドにおいて当該銘柄に投資するとは限りません。また、個別銘柄を推奨するものではありません。
  • (出所)各種資料を基に三井住友アセットマネジメント作成

AIが切り開く巨大市場

  • AIによる新たな価値の創造によって、今後、想像を超える形やスピードで、産業構造・就業構造の変化が幅広い分野におこり、経済的インパクトは巨額なものになると見込まれています。
  • 2016年から2025年にかけてAI関連企業*1の売上高は、年平均62%で成長し、2025年には3,671億米ドル(約40.9兆円*2 )にまで拡大すると予想されています。

  • *1企業間取引におけるAIの開発、AIサービスの提供を行う企業
  • *21米ドル=111.43円(2017年3月末)

(左図出所)総務省「インテリジェント化が加速するICTの未来像に関する研究会『報告書2015』」を基に三井住友アセットマネジメント作成
(右図出所)米調査会社「トラクティカ」のデータを基に三井住友アセットマネジメント作成

  • 上記のデータは過去の実績であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。また、当ファンドの将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものでもありません。

先端技術関連ファンドのご紹介

ご留意事項

このページの関連情報