気になるファンド特集
ダイレクトコース限定の新規取扱ファンドのご紹介

過去の特集一覧

【7/19】新たに7ファンドの取り扱いを開始しました。

三井住友DSアセットマネジメント・DCファンドシリーズ
  • 「投資リスク」、「手数料」等の詳細につきましては、「目論見書」にてご確認ください。

口座開設はこちら(無料)★最短5日で取引可能!

運用会社からのメッセージ(三井住友DSアセットマネジメント)

DC(確定拠出年金)の持つ「長期・分散・積立投資」をコンセプトとした商品、それがDCファンドシリーズです。今回、皆様のご要望にお応えし、新たに投資対象を広げたラインアップをお届けしてまいります。DCで運用実績を積んできた当ファンドシリーズをご活用いただき、皆様の長期の資産形成にお役立てください!

宗正 彰氏

三井住友DSアセットマネジメント株式会社
オンラインマーケティング部長
宗正 彰(むねまさ あきら)

(プロフィール)
大手信託銀行にてファンドマネージャーや株式アナリストを歴任。上場企業の取締役を経て2008年より現職。大手運用会社「初」のオンラインを駆使したビジネスモデルを次々と構築。大規模イベントやメディアにも数多く出演し、『宗さま』の愛称で呼び親しまれるなど、多方面で活躍中。

  • 三井住友アセットマネジメント株式会社は、2019年4月1日に大和住銀投信投資顧問株式会社と合併し、三井住友DSアセットマネジメント株式会社となりました。

DC兼用商品ならではのメリットで長期投資を応援

DC(確定拠出年金)とは、加入者自らが老後に向けた資産運用を行う、私的年金制度の一種です。DCでは原則として加入者が60歳に到達するまで中途解約ができないことや、長期の運用を前提としていること等の理由から、DC専用の投資信託は、一般に販売されている商品と比べて相対的に低い信託報酬率となっています。

今回ご紹介する三井住友DS・DCファンドシリーズは、元々DC専用ファンドであったものを兼用商品とすることで投資家の皆様の利便性を高め、長期の資産形成に貢献します。

代表的なアセットクラスを追加!カテゴリ毎のファンドラインアップ一覧

PICK UP!『大和住銀・DC海外株式アクティブファンド』

当ファンドは主に海外の株式へ分散投資を行います。MSCIコクサイ・インデックス(円換算)をベンチマークとして、中長期的にベンチマークを上回る投資成果を目指します。また、実際の運用にあたっては米大手運用会社ティー・ロー・プライス・アソシエイツ・インクの運用ノウハウを活用します。約12年超の運用実績があり、堅調なパフォーマンスが評価され、第3者評価機関より数々の賞を受賞しています。

モーニングスターアワード ファンド オブ ザ イヤー 2018
「国際株式型(グローバル・除く日本)部門」優秀ファンド賞受賞

Morningstar Award “Fund of the Year 2018”は過去の情報に基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスターが信頼できると判断したデータにより評価しましたが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,Inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、2018年において各部門別に総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。国際株式型(グローバル・除く日本)部門は、2018年12月末において当該部門に属するファンド926本の中から選考されました。

リッパー・ファンド・アワード・フロム・リフィニティブ2019ジャパン
最優秀ファンド賞(株式型 グローバル 除日本[評価期間3年、5年、10年])受賞

「リッパー・ファンド・アワード・フロム・リフィニティブ 2019 ジャパン」の評価の基となるLipper Leader Rating (リッパー・リーダー・レーティング)システムのファンドに関する情報は、投資信託の売買を推奨するものではありません。Lipper Leader Rating システムが分析しているのは過去のファンドのパフォーマンスであり、過去のパフォーマンスは将来の結果を保証するものではないことにご留意ください。評価結果は、Lipperが信頼できると判断した出所からのデータおよび情報に基づいていますが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。

三井住友・DC年金バランス30/50/70/ゼロ

基本資産配分に沿って、シンプルでわかりやすい分散投資を実現

DC年金バランスでは、主に国内外の株式と債券に分散投資を行います。
株式の組み入れ比率にあわせて、30/50/70/ゼロと計4ファンドに分けられ、運用方針が明確で、わかりやすいことが特徴です。

【各ファンドの基本資産配分イメージ】

  • 上図はイメージであり、実際とは異なる場合があります。
  • (注1)マイパッケージ30は三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)、マイパッケージ50は三井住友・DC年金バランス50(標準型)、マイパッケージ70は三井住友・DC年金バランス70(株式重点型)を指します。
  • (注2)三井住友・DC年金バランスゼロ(債券型)の基本配分イメージについては、投資信託説明書(交付目論見書書)をご確認ください。

三井住友・DCターゲットイヤーファンド2040/2045

目標年限に向けて機動的な資産配分を実現

DCターゲットイヤーファンドでは、ファンドが定める目標年限(ターゲットイヤー)が近づくにつれて、株式重視から債券重視へと適切な資産配分変更を自動的に実行します。
年限によって自動的に配分が変更されるため、ご自身で資産配分を調整するといった手間が省け、忙しくて運用を見直す時間がない方や投資初心者の方にも適したファンドです。

【各ファンドの基本資産配分イメージ】

  • 上記は、各決算時点での基本資産配分を表しています。各ターゲットイヤーの前年の決算日から翌年の決算日までは、安定運用期間に向けて、順次、国内株式、外国株式および外国債券への配分を低減していきます。また、現時点で予定している基本資産配分をもとに作成したイメージ図であり、将来、実際に上記の通りの運用を行うことを保証するものではありません。
  • 「投資リスク」、「手数料」等の詳細につきましては、「目論見書」にてご確認ください。

口座開設はこちら(無料)★最短5日で取引可能!

  • 総合コースのお客様は投信つみたてプランにてお買い付けいただけます。

過去の特集一覧

ご留意事項

このページの関連情報