選りすぐりの銘柄に投資する
「厳選集中投資ファンド」特集

厳選集中投資

厳選集中投資に魅了された運用担当者たち

フランク・カルーソ

フランク・カルーソ
アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー
米国成長株式運用 最高投資責任者
いかに長期的な成長力を持つ企業を見つけるか。真に成長する企業のみに投資する人気ファンドを運用している。

『持続的な成長企業』に絞って投資することで、市場動向に左右されない良好なリターンの獲得を目指します。

運用ファンド例はこちら

「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信」

ビン・シー

ビン・シー
UBSアセット・マネジメント
中国株式運用チーム責任者
中国株式投資で長期に亘り優れた実績を誇る。中国A株15銘柄程度に厳選投資するファンドを運用する。

確信度の高い銘柄への厳選集中投資により市場平均に左右されにくい高リターンを追求します。

運用ファンド例はこちら

「UBS中国A株ファンド(愛称:桃源郷)」

チャック・ロイス

チャック・ロイス
ロイス&アソシエイツ
創業者
米国では「小型株投資の長老」と呼ばれ、現在でもポートフォリオ・マネジャーとして活躍している。

厳選した質の高い「プレミア企業」への投資こそが、優れたパフォーマンスの鍵となります。

運用ファンド例はこちら

「LM・グローバル・プレミア小型株ファンド」

三国 公靖

三国 公靖
ニッセイアセットマネジメント株式会社
株式運用部 上席運用部長
日本生命保険相互会社入社以来、ロンドン4年、ニューヨーク3年等海外拠点での勤務を含め、30年間一貫して株式運用業務に従事。メディアでも幅広く活躍。

企業調査・分析を徹底することで投資すべき企業を厳選することが、収益の源泉であると考えます。

運用ファンド例はこちら

「ニッセイ宇宙関連グローバル株式ファンド 愛称:スペース革命」

なぜ、厳選集中投資なのか。

  • 投資信託といえば、分散投資でリスクを分散できるのが強みの商品です。株式や債券等の資産クラスだけでなく、異なる様々な地域や銘柄もまとめてパッケージ化しているのが投資信託です。
    値動きの異なる銘柄や資産を組み入れて、リスクを軽減できることが分散資産のメリットといえます。

<投資信託の分散投資のイメージ>

投資信託の分散投資のイメージ

世界各国・地域への投資が可能

  • 一方、分散投資は、1銘柄あたりの基準価額への影響が軽微となると考えられます。

    そのため、1銘柄1銘柄の力を引き出すには、保有銘柄をある程度絞り込む「厳選集中投資」が有効といえます。

    保有銘柄を絞り込み、優良銘柄に厳選して集中投資することで、1銘柄あたりのパフォーマンスが基準価額には大きく反映されます。

    もちろん1銘柄あたりの影響力が大きくなるということは、上昇の期待も、下落の影響も大きくなると考えられます。

200銘柄に均等に投資していた場合

20銘柄に均等に投資していた場合

  • 上記はイメージです。組入比率の高い銘柄が下落した場合は、基準価額の下落は大きくなります。
  • そこで重要になってくるのが運用担当者の目利き力です。集中投資するには、1銘柄当たりの確信度が重要となります。彼らの目利き力により、集中投資をしていながら良好なパフォーマンスを上げている投資信託をご紹介します。

フランク・カルーソ、ビン・シー

チャック・ロイス、三国 公靖

厳選投資ファンド一覧

ご留意事項

このページの関連情報