注文方法

株式の一般的なご注文方法をご案内いたします。

売買注文

お取引口座を開設した後、お取扱店で株式の売買を行われる際には、お客様の口座番号、銘柄名、銘柄コード、株数、価格(指値、成行、VWAP)、売り買いの別、注文の有効期限(当日限り、今週中)などを指示し、売買注文をお出しいただきます。

売買単位

銘柄によって、1株、100株、500株、1,000株など、売買されている単位が異なりますのでご注意ください。

指値(さしね)注文

売買注文を出されるときに、売買価格を指定する注文です、この注文は、お客様のご希望どおりの価格で売買ができますが、反面、わずかな価格の差で、売買ができないことがあります。

成行(なりゆき)注文

成行注文は指値注文とは違い、売買注文を出されるときに売買価格を指定しない注文です。従って、この注文は、売買を早く確実に執行したいときに利用いただきます。但し、出来高の少ない銘柄や市場価格の変動大きいときには、予想外に高い(安い)価格で売買が成立することもあります。

日興VWAPトレード

Volume Weighted Average Priceトレードの略称で、当日の金融商品取引所で成立した価格ごとの売買高で加重平均した価格をもとに売買することをいいます。当日の値動きを気にすることなく平均的な価格で売買できますので、注文を出すときの価格設定やタイミングを気にすることなくお取引いただけます。

日興VWAPトレード

逆指値注文(日興イージートレード)

逆指値注文とは、一般的に、株価等がお客様の指示した一定の価格条件(トリガー価格)に到達した時に直ちに執行する旨の条件が付された注文です。
通常の指値注文とは異なり、トリガー価格より株価が高くなったら「買い」、安くなったら「売り」等の注文が可能となります。

日興イージートレード 逆指値注文

このページの関連情報