CM紹介

近年、相続・事業承継の話題が大きくクローズアップされています。多くのお客さまにとっても課題となる中で、当社は、“その人生に、SMBC日興証券。”というテーマのもと、同じく後世に芸を遺す使命を持つ、日本の「伝統芸能」の代表として、歌舞伎俳優の二代目中村吉右衛門さん出演のCMを展開して参ります。歌舞伎において代々受け継がれてきた偉大な芸や、芸に対する姿勢や心を、お客さまの大切な資産に重ね、その想いをSMBC日興証券の社員がしっかりと受け止める様子から、当社が資産運用や相続、事業承継など幅広いお客さまのご期待にお応えします、というメッセージをお伝えしています。

動画を再生する

中村吉右衛門さんについて

プロフィール昭和19年(1944年)5月22日、八代目松本幸四郎(初代松本白鸚)の次男として東京に生まれ、母方の祖父初代中村吉右衛門の養子となる。昭和23年(1948年)6月、東京劇場「俎板長兵衛」の長松、「逆櫓」の駒若丸で中村萬之助を名のり初舞台。昭和41年(1966年)10月、帝国劇場「金閣寺」の此下東吉、「関の扉」の宗貞ほかで、二代目中村吉右衛門を襲名。平成23年(2011年)、重要無形文化財保持者(個人指定)に認定される。平成18年(2006年)9月より、養父である初代中村吉右衛門の俳名(秀山)を冠し、その功績をたたえ、演出や型を再確認し、芸を受け継ぐことを目的とした『秀山祭』が毎年行われ、二代目中村吉右衛門として、初代にゆかりのある大役を数多くつとめている。