OUR WORK 困難な案件にも躊躇せず、貪欲に取り組む。その経験が、さらなる困難を可能にする。 石井 響子  Kyoko Ishii  2015年入社 経済学部卒
  • Past
  • Past
  • Past
外資系証券会社からの転身。多くの案件が執行される環境に身を置き、さらに成長していきたい。

高校生の時からファーストフードのアルバイトを5年ほど続けていました。仕事を続けていくにつれ、タイトルが上がり昇給していく点は、社会人の世界と何ら変わらず、働くことの充実感を初めて学べた場でした。その後大学を卒業し、外資系の保険会社や証券会社などを経験し、前職では当社と同様のECMグループに所属していました。
外資系証券会社では、案件数は年間に数える程度ですが、日系証券会社では年中案件が執行されているので、そのような環境に身を置いて、さらに成長していきたいと思い転職をしました。中でもSMBC日興証券を選んだ理由は、会社としてまだ成長余地が大きく、また様々なバックグラウンドを持つ社員がいるため、転職者でも馴染みやすい環境ではないかと思ったからです。

緻密な作業を積み上げる一方で、マーケットを俯瞰する大局観も必要。難しくもあり、面白くもある。

ECMグループのオリジネーターとして、エクイティ・ファイナンス(IPO / 公募増資 / CB)を企業の財務部やマネジメント層などに提案する仕事を行っています。実際に案件となった時は、その後のエクセキューションも担当します。
エクイティ・オファリングは、M&Aよりもエクセキューションが定型化されていると思われている方もいるかもしれませんが、マーケットも相手にしているので一つとして同じ状況で執行する案件はありません。エクセキューションは緻密な作業の積み上げでもありますが、マーケットを俯瞰する大局観も必要とされるのが難しいところでもあり、また面白いところでもあります。

日々複数の案件を動かしながらさらなる困難に立ち向かう。自らの成長を可能にする糧となる。

担当する案件は複数が同時進行しており、社内での会議や顧客訪問、デスク作業と様々な業務を行っています。他部署と連携することも多く、絶えず変化を続ける顧客やマーケットの状況を把握しておくことも重要です。
一つとして容易な案件はありませんが、難しい案件も躊躇せず、貪欲に取り組んでいきたいと思います。そのような案件を通じて得た経験が、さらに難しい案件に取り組むことを可能にさせる糧になります。これらの困難を乗り越えることによって、自らを成長させていきたいと思います。

CAREER PATH

SCHEDULE