OUR WORK 企業経営の根幹に関わるビジネスを求めて、本邦No.1を目指すSMBC興証券という選択。 佐々木 雅人  Masato Sasaki  2011年入社 政治経済学部卒
  • Past
  • Past
  • Past
確かなベンチャースピリッツと、パワフルかつユニークなリソース。「ハイブリッドモデル」の潜在性を確信。

学生時代は、広告プランニングに係る活動に注力していたのですが、顧客の市場やプロダクトについて詳細な分析をしながらも、一般的にソリューションが「売る仕組み作り」に限定されるエージェント業務にもどかしさを覚え、企業経営の根幹にアプローチ可能な投資銀行や経営コンサルに志望が推移しました。両者のうち、ファーストキャリアとしてどちらを選択するかについては悩む時期もありましたが、最終的には、提案活動ではなく案件執行をもって対価が発生するビジネスモデルに共感し、投資銀行を選択しました。
私は、SMBC日興証券の新卒一期として入社しているのですが、三井住友銀行傘下に入った直後の創業メンバーと面接を重ねる中で、「日系 / 外資系の資本関係に囚われない新しい金融基盤を構築しよう」という確かなベンチャースピリットを感じたことが、大きな動機付けとなりました。また、「メガバンクの顧客基盤」と「総合証券のリテール販売力」の組み合わせは極めてパワフル且つユニークなリソースであり、人材を含めて複数の観点からハイブリッドと呼べる当社のモデルは、数年後トップに立つポテンシャルを有する、と確信したことも当社への入社を決めた理由です。

付加価値のある提案を目指すとともに、案件執行ではリーダーシップを発揮。シニアからの評価が自信に繋がる。

投資銀行のカバレッジグループは、担当セクター毎にチームが細分化されています。私は、TMT(Telecom, Media & Technology)グループに所属しており、アソシエイトのポジションとしてシニアバンカーのサポート役となりながら、顧客の多様なニーズや市場環境などを踏まえた付加価値のある提案を目指すとともに、案件執行においては社内外の関係者と綿密にコミュニケーションを取りながら、実務担当者の一人としてリーダーシップを発揮することが求められています。
仕事のやりがいとしては、数ヶ月から数年に渡り関与してきた案件が、主要紙の一面を含む各種メディアで大々的に報道された瞬間が、一つのハイライトとして印象に残ります。一方で、私たち若手は、日々の提案活動や案件執行において、顧客のみならずシニアバンカーからのリクエストにも応え続ける立場にあり、業界内で厳しい競争を勝ち抜いた彼らから評価を得ることは、能力値の定量化が難しい投資銀行業務において自信に繋がります。

NYでの新たなチャレンジ。自身のグローバル化を推進することにより、SMBC日興証券のロールモデルを目指す。

2016年春から、NYオフィスのM&Aグループに異動となり、学生時代に叶わなかった海外居住生活を通じて、自身のグローバル化を推進することに加えて、クロスボーダー案件の経験値を蓄積することが当面の目標です。
中長期的には、カバレッジバンカーとして自ら案件を獲得することを一つのメルクマールとしつつ、ファームに収益という形で貢献しながら一日も早くマネージング・ディレクターに昇格することによって、新卒一期として組織のロールモデルになることを目指しています。そして、いつの日か、「震災復興」を切り口として故郷である東北 / 宮城に何らかの形で貢献できればと思っています。

CAREER PATH

SCHEDULE