OUR WORK 「謙虚であること」「当事者意識を持つこと」この姿勢を大切に、日々仕事に取り組む。 福井 隼人  Hayato Fukui  2013年入社 システム情報工学研究科修了
  • Past
  • Past
  • Past
銀行での融資業務を経てSMBC日興証券へ出向。M&Aバンカーとしてのスタートを切る。

学生時代はよく旅行に行っていました。とある国に行ったときのこと、当時は道路が舗装されておらず、雨でできた大きな水溜りにワゴンが突っ込み、現地で知り合った旅仲間や地元の人たちとそのワゴンを押し出したのを覚えています。何とか帰国便に間に合いましたが、この経験を通して、インフラ含め広く社会に貢献できる金融業界で仕事したいと思うようになりました。
前職の三井住友銀行では投資業務および融資業務に従事していました。最初の配属先である投資銀行部門ではPEファンドなどへの出資業務を行い、その後、法人営業部で企業に対する融資を一定期間行いました。当時の部長とのキャリア面談で希望を伝えたところ、SMBC日興証券への出向機会を得ることができ、M&Aバンカーとしてのスタートを切りました。M&Aを通して、違う立場でお客様と関わっていくうちに、この道でキャリアを積みたいという思いが日に日に強くなり、現在はSMBC日興証券の社員として業務にあたっています。

与えられるのではなく自主的に自身の役割を見出し、価値ある提案やソリューションを提供する。

企業の買収、売却、合併など、顧客のニーズに応じたアドバイザリー業務を行っています。案件の提案からデューディリジェンス、企業価値算定、契約書作成支援、クロージングまでの業務を担っています。チームとして働く上では、ジュニアの立場であっても、シニアと同じ目線で物事を考え、案件のクロージングを見据えてなすべきことを正確に実行する能力が求められます。その上で、「謙虚であること」と「当事者意識を持つこと」を大切に、日々業務にあたっています。
案件に取り組む際、常に考えることは「顧客が今何を望んでいて、それに対して自分がどのような価値を提供することができるか」ということです。M&Aは一つとして同じ案件はなく、チームアップされるメンバーも案件ごとに異なります。このため、与えられるのではなく自主的に自身の役割を見出すことが必要となります。顧客に価値ある提案やソリューションを提供することで、案件が成立すること。そこに大きな喜びと強いやりがいを感じます。

社内外でプレゼンスを高めるため、多種多様な案件に携わり一層、自分自身を鍛え上げる。

今後は一層、自分自身を鍛え上げ、インベストメントバンカーとして社内外でプレゼンスを高めていきたいと考えています。M&Aでは各国によって規制や会計基準などが異なり、また、顧客によって会社の現状や要望が異なります。その中で顧客に対して価値を提供していくためには、アドバイザーとしての「経験」を積み重ねることが非常に重要になります。ベースとなる知識を得ることはもちろんですが、変化に対応し適切なアドバイスを続けていくために、今後も多種多様な案件に携わっていきたいと考えています。

CAREER PATH

SCHEDULE