OUR WORK 若手にも求められるプロとしての結果。そこにやりがいと誇り、そして成長がある。
  • Past
  • Past
  • Past
成長を実感することが私の喜び。投資銀行業務のハードさは、大きな魅力だった。

大学時代は何か一つのことに打ち込んでいたわけではなく、複数のコミュニティを介して幅広い年代の方と交流していました。大学は社会に出る前に様々な広がりを体験できる場と捉えていたため、あえて多くの場所へ出向いて多様な価値観に触れるよう意識していました。ほかに、趣味レベルではありますがウエイトトレーニングをしていて、成長を実感すること自体に喜びを感じる私にうってつけのアクティビティでした。
就職活動でまず考えたのは、自らの成長を実感できる業界で働きたいということ。投資銀行業務は知力・体力・精神力のフル活用を求められ、業界内での競争も激しいため、より成長を実感できそうな点が魅力的に映りましたし、またそのような業界において価値を発揮できる社会人になりたいと思い志望しました。同業他社が複数存在する中で当社へ入社を決めたのは、多種多様な案件を担当できる点や、若手含めて出会った社員のプロフェッショナリズムの高さが特に印象的であった点を好感し、自らの成長を最大化する環境という観点でファースト・キャリアとして最適であると考えたためです。

顧客の重要な意思決定を直接的、かつ身近にサポートできる。それが、この仕事の醍醐味。

主にテクノロジー業界の顧客企業を担当するカバレッジバンカーとして、事業戦略やM&A、資金調達などのアドバイスや実際の案件執行を行なっています。アイデア出しの段階からシニアバンカーをサポートし、ジュニアバンカー内では各種分析や資料作成を主導。顧客に対するプレゼンテーションも行います。案件執行の場面では、実務担当者として顧客や関連各所とのコミュニケーション窓口も務めます。
この仕事の醍醐味は、顧客にとって重要な意思決定を直接的、かつ身近にサポートできる点です。ジュニアバンカーであっても高い水準で業務を遂行することが求められ、同時に顧客や社内のチームからフェアにリスペクトを受けながら働ける点にやりがいを感じます。新人時代に幸運にも大きな裁量を任せて頂いたM&A案件を通じ、早々にプロフェッショナルとしての心構えを体得できたことが、今も大きな財産となっています。当時は初めての経験ばかりで心身ともにタフな局面が続きましたが、「顧客やチームの仲間の期待に応えたい」という一心で走り切れました。

脳の鮮度管理を怠らず、スイートスポットにはまるアイデアを常に生み出せるバンカーに。

顧客からファーストコールで相談して頂ける存在となること。そして、案件獲得を通じてより収益に貢献できるカバレッジバンカーになることが目標です。競合が多い環境だからこそ、挑戦しがいがあります。達成するためには、顧客・業界・プロダクトなど、広範囲におよぶ豊かな知識を有することが大前提。しかし、経験や知見は黙っていて降ってくるものではありません。既存のやり方に陥らず、顧客のスイートスポットにはまるアイデアを生み出せるように、頭を常にリフレッシュしながら動かし続ける意識が肝要です。顧客の満足度を高め、信頼を獲得するためのアプローチは一つに限らないので、社内外問わず周囲から学ぶ姿勢を大切にし、バンカーとしての自分自身の価値を高めていきたいと思います。

CAREER PATH

SCHEDULE