OUR WORK 顧客に新たな気付きを提供できるバンカーが理想像。
顕在化する前のニーズを掘り起こせる人材になりたい。
  • Past
  • Past
  • Past
大学卒業後は継続して投資銀行業務に従事。資本市場域外へ専門性を広げるためSMBC日興証券へ。

学生時代から学業面でもプライベートでも、興味を覚える対象に関しては、とことん追究する方でした。自身の就職活動においても、徹底的に情報収集し、考え抜いて進路を決定するというように、何事も入念なリサーチによって「こだわり」を明確化し、それを支柱に物事を進めていくのが私の信条です。この姿勢は、仕事を進めることにおいても重要な基盤となっています。
以前は同業他社で、主にDCMやECMといった資本市場周りの業務を中心に携わっていました。やりがいはありましたが、カバレッジバンカーとしてのキャリア構築を見据えた時、資本市場業務域外にも専門性を拡張し、多彩な経験を積む必要性を感じて当社へ転職。多様なバックグラウンドを持つプロフェッショナル人材が集まり、既存の枠組みに甘んじることなく、自由闊達な雰囲気でありながら高みを目指している職場です。

指示された業務を完遂するだけでなく、ディスカッションパートナーとしての価値を高める。

カバレッジグループで自動車・自動車部品、建設機械、産業機械などの業界をカバーする、インダストリアルグループに所属しています。アソシエイトとして資金調達やM&A案件の提案活動をサポートするほか、案件執行の場面ではデューディリジェンスやバリュエーション、シナジー価値の分析などの業務を遂行するのが私の役割です。顧客やシニアバンカーをサポートする立場として、指示された内容を完遂させるだけでなく、ディスカッションパートナーとして信頼に足る人材となれるよう努めています。
最も印象に残る仕事は、国内大手メーカー同士の業務・資本提携を実施するプロジェクトです。通常のケースと比べてスケジュールがタイトだったため、潜在するニーズや課題を探りながらも、顧客からの依頼には迅速に応じる必要があり、すべてが速いピッチで進行されました。結果的にwin-winとなる合意が結ばれ、社長同士が握手を交わした場面に立ち会った時の達成感は忘れられません。

自身の経験や知見を以って顧客に新たな気付きを提供できるカバレッジバンカーでありたい。

これからはNYオフィスのM&Aグループに異動する予定なので、クロスボーダー案件の経験値を一層蓄積していくことが当面の目標です。投資銀行業務は、顧客のニーズや戦略があってこそ成立するものですが、受動的な立場で仕事を請け負っていたのでは、本当の意味で顧客に利益をもたらすことはできません。これまでそしてこれからの経験すべてを糧にし、中長期的な目線で顧客の潜在的ニーズを掘り起こし、新たな気付きを提供できるカバレッジバンカーへと成長していきたいです。
バンカーは「働き方改革」が難しい職種と捉えられがちですが、決してそのようなことはありません。5年前と比べても、情報収集の利便性や精度は飛躍的に進化しています。効率化した分を仕事のクオリティ向上へどう還元するか。そうしたマインドセットを常に模索し、見出した解を実行に移して、後輩へ伝えることも大切にしていきたいと考えています。

CAREER PATH

SCHEDULE