システム

SMBC日興証券のシステムの強み
SMBC日興証券のシステムの強み

システム システム

リテールシステム 三井住友銀行のインターネットバンキングシステム(SMBCダイレクト)と当社のオンライントレード(日興イージートレード)の連携(バンク&トレード)により銀証連携ビジネスを推進しています。また高いリテールの営業力を一層強化するため、業務効率化により営業員が本来の営業活動に費やす時間を創出する営業店サポートシステムの構築に取り組んでいます。
ホールセールシステム 国内・海外の機関投資家の様々な要望に応えるため、最新のトレーディングシステムやグローバルCRMシステムなどの導入を進めています。重要性を増すクロスボーダー取引に対して機関投資家のニーズを満たす高度な機能を提供することにより、システム面からグローバルビジネスをサポートしています。
システムインフラ 全店へのテレビ会議システムの導入、リテール営業員へのタブレット端末の配布など、業務効率化のための社内インフラの拡充を行っています。SMBC日興証券のビジネスは最新技術を積極的に取り入れたシステムインフラにより支えられています。
セキュリティ 近年増加している金融機関を狙うサイバー攻撃に対して、日々攻撃状況の監視を行うとともに継続的なセキュリティ強化策を推進しています。お客さまにより安全なサービスを提供するため、システム部門はサイバーセキュリティ対策の中核としての役割を担っています。

システム統括部は、現代の金融ビジネスに欠かせない情報システムの開発やバージョンアップ、セキュリティ対策など、各部門と連携して最新かつ万全なシステムの構築・維持に努めています。
システム部門の担当者は、業務推進のためのシステム開発を進める場合、部門が計画するビジネスプランをもとに、効率的な事務処理などの仕組みや手順を考え、システムを組み立てます。私たちは主に開発の上流部分を担当し、具体的な設計やプログラミングなどはグループ内のシステム・ベンダー(提供会社)が行います。したがって、当部門の担当者はユーザーとベンダーの間に入って調整を行い、要件を取りまとめ、作業の進捗などを管理しながら構築を進めます。そうした連携において重要になるのは、担当者のインタビュー能力、つまり聞き出す力や聞き取る力です。ユーザーニーズの把握やベンダーとの調整を誤ると、システムが完成しても満足してもらえません。情報技術の知識はベースとして大切ですが、それよりもコミュニケーション力や調整力、柔軟な発想力などが重要な資質と言えます。
当社は大手金融機関として、世界レベルで高まるリスクへの対応力強化に向けたシステム構築や、サイバー攻撃・自然災害などからお客さまの資産を守る取り組みを進めています。さらに戦略的な取り組みとして、次世代の投資家向けにFintechやAIを利用した新しい情報ツールの開発に取り組んでいます。スマホやSNSに慣れた世代に向け、どのようなサービスが可能なのか、どうすれば投資のツールとして使ってもらえるのかを、リテール部門と連携して企画・開発を進めています。

システムの社員を見る

Related Link Related Link

SPECIAL