対談 インストラクター×新入社員

SMBC日興証券の人材育成制度の一つに「インストラクター制度」があります。
これは、新入社員に業務習得の支援・サポートを行い、新入社員の配属先におけるOJT支援を強化することで、成長を促進するというもの。
ここでは、かつてのインストラクターと新入社員だった二人に登場してもらい、
当時の想いや指導の取り組み、そしてその後の成長にどうつながっていったのかを率直に語っていただきました。

阿部 悠大FC課 コンサルタント2014年入社 新入社員(2014年当時) 劒 雄太FC課 上級コンサルタント2010年入社 インストラクター(2014年当時)

お客さまの声に耳を傾ける大切さと、
「愚直に前へ」という座右の銘。

  • 阿部

    私は、配属後から割と順調に成績を残すことができました。しかし、夏が終わる頃に成績が低迷してしまい……。完全に自信を失っていた時期がありました。その時、劒さんの助言があったのです。今までの動きを確認してもらい、具体的な戦略もアドバイスしてくれました。電話でのアプローチ方法、話す内容の切り口のアレンジなど、営業に関するテクニックの指導の中でも強く印象に残っているのは、自分からの提案ばかりではダメという指摘です。

  • 私たちは、例えば資産運用の提案の際、お客さまが何を考え、何を求めているのか、お客さまのニーズを的確に把握する必要があるよね。その時、こちらから金融商品の提案ばかりしていては、お客さまの心には響きません。自分から発信するのではなく、お客さまの話を徹底して聞くこと。つまりそれは、お客さまのことを最優先に考えるということなんだと思う。

  • 阿部

    まさにその通りですね。成績を挽回したいばかりに、自分本位の営業姿勢が強く出ていたと思います。劒さんの指摘は、状況を変える大きなきっかけになりました。お客さまのことを第一に考えて、仕事に取り組むこと。そこからお客さまの信頼を得て、大切な資金を預けていただくことで、やりがいのある仕事ができると指導していただきました。劒さんのこの指摘のおかげで、低迷していた時期から脱することができたと感じています。

  • 当時を振り返ると、今のように活躍する姿までは想像できなかったな。阿部くんは今、支店を代表するセールスであり、阿部くん自身がインストラクターとして新人を指導しているよね。持ち前の明るさと素直さ、やる気で多くのことを吸収し、成長してくれたんだと思う。阿部くんの活躍する姿を見ていると、私にとっても大きな刺激になっているよ。

  • 阿部

    ありがとうございます!実は、私が今でも座右の銘にしている、劒さんの言葉があります。それは「愚直に前へ」。常に前を向いて、地道に取り組む姿勢は、私の現在の営業スタンスの礎となっています。

  • 証券会社の営業の仕事は、決して楽なものではないからね。大変なことも多いと思う。しかし、「愚直に前へ」取り組むことで生まれた喜びは、どんな大変なことも凌駕するもの。その喜びを仲間と共有できるのが、この仕事の大きな魅力だと思うな。阿部くんにはこれまで以上の活躍を期待しているし、お客さまはもちろんのこと上司や先輩・後輩からも信頼されるセールスになって欲しいな。

  • 阿部

    はい、ありがとうございます。劒さんの教えを忘れず、自分自身を磨き、成長していきたいと考えています。お客さまのニーズを汲み取り、お客さまから最高の信頼を勝ち取れる、金融のプロフェッショナルになることを目指したいと思います。

3/3ページ

若手社員の活躍