若手社員インタビュー

スケール感に憧れ、やりがいのある仕事で
自分を成長させたい。

証券会社には、成長志向を強く持った人が数多くいる。松川優也はその一人だ。
「お客さまとのコミュニケーションを通じて、自分を成長させたいと思っていました」
お客さまの多くが富裕層や経営者であり、資産運用の金額や社会に対する影響度が大きい。そんなスケール感に憧れて、証券会社を第一志望として就職活動を進めてきた。
「お会いできる方の層が幅広く、さらに自らの努力が成果として認められ、若手でも積極的に挑戦して活躍するチャンスがあること。そんな魅力があるのも、証券業界を志望した大きな理由です」

FC課 コンサルタント 2017年入社 | 松川 優也FC課 コンサルタント 2017年入社 | 松川 優也

お客さまを成功に導くことが、
自分の成長につながる。

強い成長志向を抱いて入社した1年目。自身が思い描くようなステップを歩めているのだろうか。
「なかなか思うようにいかないのが現実です。今は新規開拓の仕事をしているのですが、一言で言うなら大変な仕事です。しかし、大変な分だけやりがいがあるので、毎日が発見の連続です」
多くの新入社員が経験する、この新規開拓業務。SMBC日興証券と取引がないお客さまにアプローチするため、門前払いされることも多い。アポイントを取り付けられたとしても、取引に至るとは限らない。この時期を乗り越えた、ターニングポイントはどこにあったのだろう。
「同じ支店の先輩のアドバイスが大きかったと思います。新規開拓に答えはありませんが、成功に近づけるための方法をいくつも教えていただきました。それまでの自分は、自らの成長という観点でしか仕事ができていなかったのかもしれません。 今思えば少し強引なアプローチをしてしまっていたこともあったと思います。自分では頑張っているつもりだったのですが、成果が得られず悩んでいたのを見かねて、先輩が気付かせてくれました」
自らのスタイルを模索して試行錯誤するのは、社会人1年目の新入社員にとって貴重な経験となる。
「お客さまのニーズを引き出せるようにヒアリングに徹する営業を意識したところ、自然と成功への歯車が回りだしたように思えます。お客さまにご満足いただけるソリューションの提供を第一に考えることが、結果的に自分の成長に繋がるのだと気付けました」

FC課 コンサルタント 2017年入社 | 松川 優也FC課 コンサルタント 2017年入社 | 松川 優也

厳しい試練や環境があるからこそ、
挑戦する価値がある。

どのようなコンサルタントになりたいか、その答えを松川自身は明確に捉えている。
「"a salesmanではなくthe salesmanに"という言葉があります。どこにでもいるその他大勢のコンサルタントではなく、お客さまに必要とされるコンサルタントになることです。」
高い成長志向を持ち、自身のスタイルを見つけ出し、目標とすべき人物像も描けている。では将来に向けて、どのようなビジョンを抱いているのだろうか。
「今後は、法人営業にも積極的に関わっていきたいと考えています。法人営業の場合、資産運用だけでなく、会社の経営戦略にも携わっていけるのでソリューションの選択肢が広く、それだけ提案のしがいがあると思うからです。そして、いつかはSMBC日興証券を本邦No.1の総合証券会社にすること。自分が成長することで、会社の成長の一端を担えるようになっていきたいと思います。」
道のりは、決して平坦ではないだろう。そのための、覚悟や想いとは。
「たしかに法人営業では事業承継、M&A、企業公開など、扱う金額も責任も大きくなります。でも、だからこそ知識やスキルの幅が広がり、自分の成長にも繋がってくると思っています。高校時代の恩師が、『激流でもまれた魚の方が旨い』と言っていました。その言葉の通り、厳しい試練や環境を乗り越えたからこそ、価値が出てくる部分は必ずあると信じています」
新入社員だからこそ、伸びしろはたくさんある。そこに、強い成長志向と高いモチベーションがあれば、その成長度合いは、計り知れないものとなるはずだ。

FC課 コンサルタント 2017年入社 | 松川 優也

若手社員の活躍