リテール

橘川 響

FC課
経済学部卒

2013年入社

あきらめない気持ちを後輩にも伝えたい

My History

小学校

小学校から高校までサッカー部に所属。とにかく毎日サッカーに夢中だった。

大学

アウトドアサークルや焼肉屋のアルバイトを中心に、自由な時間を満喫して過ごす。

1年目

入社時研修の後、支店に配属。インストラクターの指導を受けながら必死な日々だった。

2年目

少しずつ提案する商品の幅が広がり、自分自身で考え、行動できるようになってきた。

4年目

自分がインストラクターの立場になり、当時を思い出しながら新入社員の指導にあたっている。

橘川

SMBC日興証券は「人」に魅力がある

橘川

就職活動時に金融業界全般を受けていた中で、証券業界は最も「人」を大切にしている業界だという印象を持ちました。説明会や座談会でお会いした社員の方々がとても魅力的だったからです。その中でも、業界No.1を目指すという上を目指す姿が心に響き、SMBC日興証券に入社を決意しました。
現在は、リテール営業で、個人のお客さまを中心とした資産運用のコンサルティングを行っています。私が心がけているのは、常に明るく前向きに、真正面からお客さまと向き合うこと。それが私にとって、自分らしさを生かせる方法であり、それができて初めて、お客さまの立場に立って課題解決などのご提案が出来ることにつながると信じています。

橘川

熱意が伝わるまであきらめなかった

新入社員の頃の新規開拓活動で、最初の一度だけお会いできたものの、それ以降はほとんどコンタクトが取れない方がいらっしゃいました。何とかお客さまになってほしいという一心で半年間通い続けた結果、「あなたの熱意が伝わった」と言っていただき、口座開設にいたりました。知識やセールストークだけでなく、あきらめずに努力を継続することの大切さを実感しました。そのお客さまには3年経った今でも、非常に良い関係で日々接していただいています。
リテール営業は、お客さまと「直に」接する仕事です。お客さまからの信頼を得られるかどうかは、日々の自分自身の行動次第だと思います。自分で考え、行動できるようになってくると、頼っていただけた時のうれしさはひとしおです。これほどやりがいのある仕事はないと思っています。将来は、リテール営業で培った経験をもとに、ホールセールなどの他部門にも挑戦することで、キャリアアップを図りたいと考えています。

高い向上心を持ち、
常に前向きに仕事に取り組む後輩を育てたい

入社時研修の後、支店に配属されてしばらくは何もわからない状態で、毎日インストラクターにアドバイスをもらいながら、がむしゃらに新規開拓に励んでいました。努力を継続していくことで、少しずつ道が拓けてきました。あきらめない気持ちの強さは、子どもの頃から続けてきたサッカーで培ってきたものかもしれません。
2年目以降、知識も増え、自信を持って提案できる商品の幅が広がり、自分自身で考え、行動に移せるようになってきました。4年目の現在、今度は自分がインストラクターの立場になり、新入社員の指導にあたっています。4年前に自分が先輩方に教えていただいたことを、今度は自分が後輩に返していく番です。当社の最大の武器は「人」。高い向上心を持ち、常に前向きに仕事に取り組む後輩を育て、また自分も率先して行動することによって、職場の一体感の醸成に貢献していきたいです。証券会社は激務なイメージを持っている人もいるかもしれませんが、メリハリのある働き方で、土日祝日はしっかり休むことができています。休日はサッカーや読書、友人との食事など、とにかく自分が楽しめることをやって、リフレッシュしています。

リテールの他の社員を見る