リテール

小池 祐吾

FC課
社会学部卒

2009年入社

リレーションづくりにこだわり、
信頼される営業を目指す

My History

中学校

テストが好きで、高い順位を取ると嬉しかった。クラスメートと大人数で遊ぶことが好き。

高校

剣道部に入る。
動機はテレビドラマ。

大学

ゼミを通じて国際政治にどっぷりハマる。当時の夢はUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)。

1年目

新規開拓業務に奔走。リレーションづくりの重要性について学ぶ。

3年目

経験を重ねるにつれて、お客さま対応の難易度と同時に、やりがいや達成感も上がっていくのを実感する。

7年目

関西の支店から東京に異動。営業の仕事のほか、業務の効率化や後輩の育成といったマネジメントにも奮闘中。

小池 祐吾

きっかけはリーマンショック。決め手は“人”。

小池 祐吾

就職活動がリーマンショックの時期と重なり、マスメディアなどで連日取り上げられていたことがきっかけで、証券業界に興味を持ちました。就活中は様々な企業の選考を受けていましたが、その中でSMBC日興証券を選んだ理由は二つあります。一つ目は、社員に等しく活躍する機会が与えられ、成果に応じた評価体系である点にやりがいを感じたことです。二つ目は、圧倒的に”人”に魅力を感じたからです。入社した後もこの印象は全く変わらず、日々めまぐるしく変動するマーケットを追う環境においても、周囲の方々のサポートを受け、集中して仕事に取り組めています。成長意欲が高い私にとって、こうした仕事に集中できる環境は、とても恵まれていると感じています。

小池 祐吾

入社9年目、今がまさに最盛期

SMBC日興証券に入社して9年目、現在在籍している支店に配属されて3年目を迎えました。私が主に担当しているエリアは丸の内・銀座で、他のエリアと比較しても投資経験や運用資金が豊富なお客さまを多く担当しています。当初はお客さまの知識レベルに驚き、思うような成果を出せませんでした。しかし、上司に同席してもらいながら積極的に多くのお客さまとコミュニケーションを図ることで、信頼関係を築くことができました。日頃から、お客さまとプライベートの話を含めて距離を縮められるように心がけています。

結果にこだわり、信頼されるコンサルティング営業へ

入社してから日々、成長とやりがいを感じています。現在担当しているお客さまの多くは外資系を含め複数の金融機関とお取引されていらっしゃる方がほとんどですが、その中でお客さまから信頼されていると感じられる時は最も嬉しい瞬間です。今目指しているのは、どんなマーケット環境においても安定したリターンを提供できる担当者になることです。コンサルティング営業において、お客さまにとって最も重要なのは長期的なリターンをどれだけ出すことができたかだと思っています。お客さまのことを第一に考え、行動した自分の努力が最もわかりやすく反映される結果とも言えます。複数の証券会社とお取引のあるお客さまの中で、最も信頼される担当者でありたいと思っています。

リテールの他の社員を見る