Working Mother’s Voice File4:恒川 成美

女性が自立して働き続けられることを、会社が私に教えてくれました。 女性が自立して働き続けられることを、会社が私に教えてくれました。

就職活動中に、SMBC日興証券が私に気付かせてくれたことがあります。それは、女性が結婚や出産を経験しても自立してきちんと働き続けられるということです。一旦仕事を辞めてしまうと、子供のいる女性が出産前と同等の再就職をすることは難しいとよく耳にします。当社の女性社員の話を聞く中で、仕事を続けながら子育てができる環境があることを知り、入社を決めました。妊娠してからは、産前休暇で出産予定日の8週間前から休みをいただきました。たっぷり時間があったので、ベビーグッズの準備や子供が産まれる前にしておきたかったことは全てできました。待機児童の問題が深刻だと聞き、この間に保育園の情報収集や見学など、復職に向けた準備もしておくことができました。会社のMom’s Support研修では、利用できる制度の内容から具体的な活用方法、妊娠・出産に関わるお金のこと、復職後の働き方など全部教えていただけたので助かりました。

復職後、子育ては仕事の面でプラスに働いていることが多いと思います。もちろん周囲の方々の理解には大変感謝していますが、子供がいるから、時間が限られているから、という理由で仕事を中途半端にしたくないという自分の気持ちもあり、出産前にも増して時間効率を意識して仕事に取り組めるようになったと思います。また、残業制限という制度は、残業は免除されますが、自分の意思で残業できる時はしてもいい、というフレキシブルな点が使いやすく、利用させていただいています。 私が生活の中で心がけていることは、意外に感じられるかもしれませんが、適度に手抜きをするということです。心にゆとりを持って、子供に笑顔で接することができるよう、仕事と家庭のよい循環をつくっていきたいです。

復職後、子育ては仕事の面でプラスに働いていることが多いと思います。もちろん周囲の方々の理解には大変感謝していますが、子供がいるから、時間が限られているから、という理由で仕事を中途半端にしたくないという自分の気持ちもあり、出産前にも増して時間効率を意識して仕事に取り組めるようになったと思います。また、残業制限という制度は、残業は免除されますが、自分の意思で残業できる時はしてもいい、というフレキシブルな点が使いやすく、利用させていただいています。 私が生活の中で心がけていることは、意外に感じられるかもしれませんが、適度に手抜きをするということです。心にゆとりを持って、子供に笑顔で接することができるよう、仕事と家庭のよい循環をつくっていきたいです。

Private Private

休日は、息子が夢中になっているアニメのテーマパークによく連れていきます。最近、支店のボウリング大会に息子を連れて参加させていただいたのですが、それ以来ボウリングも大好きになりました。休日は息子が最高に楽しいと思える時間づくりに気を配っています。

利用した制度 利用した制度

育児休業

子供が1歳半になるまで育児休業を取得しました。新生児の時から離乳食の時期、歩けるようになるまで子供のあっという間の成長を近くで見ることができて幸せな時間でした。息子は1歳前後に朝まできちんと寝てくれるようになり、私自身の睡眠時間をきちんと確保できるようになってから仕事復帰ができたので大変助かりました。

女性社員の活躍