Recruiting site 2020想う、動く、創る、金融の未来。

SATOMI HASHIMOTO

橋本 里美
FC課 ※取材当時 
2013年入社 経済学部卒
  • #リテール
  • #女性の活躍

The Reasons WHY I'm here

先輩の優秀さに圧倒され、憧れた

私は学生時代から人よりも上昇志向が強いタイプでした。会社説明会で仕事への想いを情熱的に話す当社の社員の姿を見て、このように前向きな方たちと一緒に頑張り、キャリアアップしていきたいと思い入社を決めました。初期配属は首都圏の大型店舗でしたが、新入社員であった私は、お客さまの信頼を得てテキパキと働く先輩方の仕事ぶりを目の前にして、いつも圧倒されていました。配属当初は先輩方の圧倒的な働きぶりに委縮していましたが、子育てをしながらも高い目標を達成する女性の先輩もいて、「私も先輩のようになりたい」と憧れを持って、日々奮闘していました。

Work & Mind

強い責任感が芽生えた

4年目の異動が私にとって大きな転機になりました。新人として配属された時とは違い、中堅社員として異動したため、周囲に頼るばかりではなく、「私がやらなきゃ誰がやる」という気持ちが芽生えました。支店に貢献するためにより強い責任感をもって仕事に臨むようになりました。さらに転機になったのは、異動して3ヶ月が経った頃に訪れた昇格の機会です。より大きな挑戦を期待されたことがとても嬉しかったのと同時に、自身のさらなる成長のため、お客さまの様々なニーズにお応えするために、金融知識を増やし、提案する商品の幅を広げなければいけないと感じました。任意参加型の社内研修に参加したり、商品のセミナー動画を視聴してお客さまにどのようにお伝えするかを研究したり、現在は憧れの先輩と肩を並べるべく、日々自己研鑽に取り組んでいます。

Career & Life

憧れの先輩を、いつかは超えてみせる

提案の幅が広がるにつれて、お客さまから頼りにしていただけているなと感じる場面が増えています。それでもまだまだ上司には敵いません。「お客さまから信頼を得るためには、もっとこういう提案をした方がいいんじゃない?こういう提案もできると思うよ」といった、アドバイスをいつも貰っています。上司は、お客さま先でのプレゼンテーションも巧みで、お客さまからの信頼もとても厚く、すごいなと尊敬すると同時に、悔しい気持ちもこみ上げてきます。環境が変わるたび、立場が変わるたびに出会う上司や先輩の姿が、「もっと成長したい」「もっと上を目指したい」という気持ちの源になっています。今後も挑戦をし続けてキャリアアップを目指していきたいです。当社はそれが実現できる環境が整っていると感じます。常に高いレベルを追い求める必要がある仕事ですが、私にはそれが働く充実感につながっています。

Career Path

1年目

地域限定型の社員として入社し、首都圏の営業店にてリテール業務に従事。

優秀な先輩の背中を追いかける日々でした。特に入社1年目は苦労しましたが、同期でお互いを励まし合い、乗り越えることができました。

4年目

首都圏内で別の営業店に異動し、昇格を経験。

周囲からの期待や、任される業務のレベル自体が上がり、仕事への取り組み姿勢が変わりました。今後もキャリアアップを目指し、挑戦をし続けていきたいと思います。

Recommend

リテールの社員