Recruiting site 2020想う、動く、創る、金融の未来。

SAYOKO IWAHANA

岩花 早与子
FC課長 
2003年入社 政治経済学部卒
  • #リテール
  • #女性の活躍
  • #女性管理職
  • #ワーキングマザー

The Reasons WHY I'm here

リテール営業を16年。それでもなお学びがある

私は、男性と変わりなく経済力をつけて、平等に働きたいと考え就職活動を行っていました。様々な企業の説明会に参加したり、企業訪問を行いましたが、SMBC日興証券は支店訪問をした際に、女性社員が生き生きと働いている印象を持ち、男女平等に活躍できる環境があると感じました。女性活躍の道が開かれている、仕事を通じて成長できると感じ、当社に入社を決めました。入社から現在までリテール営業に16年従事していますが、それでもなお、日々学ぶことは多いです。時代の変化に伴ってお客さまのニーズも変化しますので、常に新しい情報や知識を取得し続けています。最近は、資産運用だけでなく相続や贈与に関するニーズが増え、それらの対策や税制について最新の情報をお客さまにお伝えできるようにしています。お客さまの潜在的なニーズを聞き出し、課題を解決するために、頭を使い、知恵を絞り、様々なアプローチを行うよう心掛けています。お客さまのお役に立つことができた時には大きなやりがいを感じます。

Work & Mind

さらなる女性活躍のために

現在はFC課長として、10名程の課員のマネジメントをしています。課員と一緒にお客さまのご自宅や会社を訪問し、共に試行錯誤しながら、最高のサービスを提供できるよう努めています。課員には言葉だけではなく、一緒に行動する中で学んで成長をしてもらいたいと考えています。課員が目標を達成し、喜びを共有できることが何よりも嬉しい瞬間です。また女性社員の活躍をさらに推進していきたいと考えています。当社では、意識が高く活躍している女性でも、「自分はまだまだ」とさらに高い目標にチャレンジしていますが、さらなる女性活躍推進のためには、周りと協調することを大切にしながらも、女性が自らリードして会社を盛り上げていかなければいけないと考えています。そのために私自身も、今後も学び続け、課員と共にさらなる成長をしていきたいと考えています。

Career & Life

限られた時間の中で、期待に応えていく

子供が3歳のとき、新たに多くのお客さまを担当させていただきました。上司は、「限られた時間の中でもできると思う」と私を信頼し、責任とチャンスを与えてくれました。一方で、子供が体調を崩したり、参観日等による休暇の取得、出社時刻や退社時刻の調整などに対する理解があり、仕事と家庭の両立をすることができました。当社では育児休業は最長3年、子供が病気になった時には「看護休暇」として年間5回、「有給休暇」も積極的に取得することができ、社員のワークライフバランスを後押しする制度は十分に整備されていると思います。ワーキングマザーには、時間という課題が常にありますが、限られた時間でも期待に応えられるよう日々努力をしています。

Career Path

1年目

首都圏の支店でリテール営業に従事。新規顧客の開拓に奔走。

個人、法人の新たなお客さまの開拓や資産運用のコンサルティング業務に従事していました。在籍中に産休・育休を取得し、その後、同店へ復帰しました。

11年目

首都圏内で別支店へ異動。

13年目

CA課長となる。

CA課長として、店頭業務に携わり、お客さまに真摯に向き合うことの大切さを改めて感じました。

現在

都内支店へ異動。FC課長となる。

課のマネジメント、課員の育成業務に従事しています。「育成は会社の発展に繋がる」という強い気持ちで業務に従事しています。

Recommend

リテールの社員