Recruiting site 2020想う、動く、創る、金融の未来。

DAIYA KANAYAMA

金山 大也
システム統括部 ※取材当時 
2014年入社 工学部卒
  • #システム

The Reasons WHY I'm here

縁の下の力持ちが向いている

理系出身の私ですが、メーカーの技術職に限定せず幅広い視点で就職活動をしていました。また、人とコミュニケーションを取るのが好きだったので、営業職も選択肢に入れ、金融業界にも目を向けていました。そのような中で、SMBC日興証券にはシステム部門の部門別採用があることを知りました。当社のシステム部門での業務は、理系の強みとコミュニケーション力という、自身の強みを両方生かすことができると考えたためチャレンジをしました。説明会や選考を通して、面接官の方から様々なアドバイスをいただき、自分自身は最前線の業務を担うよりも、最前線で働く営業社員を支える方が向いていると考えるようになったことと、SMBCグループにおける当社のビジネスモデルにも大きな可能性を感じたことで、入社を決めました。

Work & Mind

ニーズを聞くだけでなく、「引き出す」

システム統括部配属となり現在に至るまで、主にリテールの証券業務を支えるシステム開発の企画・保守・運用を行う課に所属しています。私はその中でも顧客管理システムを中心とした業務に携わっています。ユーザーはお客さまや営業社員、お客さまからの注文手続きをするバックオフィスの社員と多岐にわたります。システムを開発する時は、そうした現場からの改善要望に応えるケースや、NISA(少額投資非課税制度)などの新制度に対応するケースなど様々です。重要なのは、実際にシステムを使うユーザーに貢献することです。そのためには丁寧なヒアリングが欠かせません。様々な部署とコミュニケーションを取り、ニーズを聞くだけでなく、潜在的なニーズを「引き出す」よう意識しています。

Career & Life

システムに関するノウハウを武器に、
様々なキャリアを築ける

構築したシステムが正常に稼働し、さらにお客さまからお褒めの言葉をいただけた時は、最高に嬉しい瞬間です。また、大きなプロジェクトが終わり、多くの関係部署の方々と達成感を共有できることも現在の業務の魅力です。今後は顧客管理システムだけでなく、注文取引、日興イージートレード等様々なシステムを担当し、多様なスキルを持った人材になりたいと思っています。システム部門というとキャリアの幅があまりないように思われがちですが、実際には様々な可能性があります。システムの専門性を武器に海外拠点で働く機会もあれば、より営業寄りの部署へ活躍の場を移す人もいます。キャリアの自由度の高さや挑戦する機会の豊富さが、当社の魅力だと感じています。

Career Path

1年目

システム統括部へ配属。

システム子会社での数ヶ月間の研修を経て、システム統括部へ本配属。徐々に大きな案件も担当するように。

5年目

顧客管理システムの各種プロジェクトに参画。

プロジェクト一つをとっても関係部署が多数あり、要件などを遅滞なくまとめるのが現在の業務で難しいところ
です。積極的にコミュニケーションを図り、いくつものプロジェクトを同時進行しています。

Recommend