Recruiting site想う、動く、創る、金融の未来。

YOKO KURA

藏 容子
経営企画部 
2008年入社 経済学部卒
  • #女性の活躍
  • #ワーキングマザー

The Reasons WHY I'm here

この会社なら、知らない世界を発見できる

私は、就職活動時に将来のビジョンが明確に定まっていたわけではありませんでした。当社に入社をしたのは、選考でお会いした社員の方々から、自分の仕事への自信や誇りと、生き生きと働いていることが伝わってきたからです。この人達と一緒に働けば、いつか私にもやりたいことが見つかるのではないかと考え入社を決めました。入社後、ある先輩から、「社内にも知らない世界がたくさんある。会ったことのない社員がまだ1万人もいる。だから狭い世界で悩むな」という言葉をいただいたことがありました。その時から現在まで、私を支え続けている言葉です。自分の世界をもっと広げていくために、私はSMBC日興証券で働いています。

Work & Mind

経営の中心に身を置き、視野が広がった

現在所属する経営企画部では、会社の業務計画策定や進捗管理、三井住友フィナンシャルグループへの経営関連報告、競合他社との決算比較・分析などを行っています。フロントの部署と連携して仕事をすることが多いため、当社のビジネスについて幅広く知ることができます。役員との打ち合わせも多く、経営の中心にいる方々の考えに触れる中で、自分の未熟さを痛感することもありますが、その分成長できる仕事です。若手の頃は、業務に役立つ知識を詰め込み、仕事のことをたくさん考えれば成長したような気持ちになっていました。しかし今は、それだけでは不十分だと感じています。一見ビジネスに直結しないような世の中の流行や文化的なことに触れることで、常に広い視野を持つこと。それが価値ある仕事をするためには大切だと考えるようになりました。

Career & Life

二兎追う者しか、二兎は得られない

これまで、二度の出産・復職を経験しています。一度目の産休に入る際は不安もありました。私より先に昇格していく同期もいる中で出産をすることは、キャリア面で大きなハンディキャップになるのではないかと悩みました。そんな悩みに対して、上司が「キャリアは後からいくらでも巻き返せる。それよりも、人生の中で何が本当に大切かを考えなさい」と言ってくれました。当社には子育てをしながらも生き生きと働いている女性が多く、上司の言葉に大きく背中を押されました。仕事にも家庭にも全力を尽くす。そんな生き方を私自身が実践し、女性の働き方、キャリアアップについて、後輩のロールモデルになれたら嬉しいです。

Career Path

1年目

リテール営業として、首都圏の支店にて新規開拓に奔走。

3年目

経理部(現、財務企画部)に異動。

グループ会社の連結決算や国際会計基準への対応に従事しました。在籍していた7年の間に、二人の子供の出産
と育休を経験しました。

9年目

部内異動。

当社の費用予算管理や管理会計に関する業務を担当。数字の面で会社の経営を見ていく中で、もっと総括的な
視点で経営に携わりたいと考えるようになりました。

11年目

経営企画部へ異動。

フロント部門と連携し、役員への報告も頻繁にあります。経営目線で考えるようになり、世界が大きく広がりま
した。