夏の個人向け国債キャンペーン

当キャンペーンは終了いたしました。

6月募集分プレゼント入金のお知らせ

7月募集分プレゼント入金のお知らせ

夏の個人向け国債キャンペーン

個人向け国債5月募集
個人向け国債6月募集

キャンペーン期間中に募集される個人向け国債のうち、10年債5年債※1をご購入いただいたお客様に、対象金額※2に応じて現金をプレゼント!!
※1 3年債のご購入はキャンペーン対象外となります。
※2 対象金額とご購入金額とは異なる場合がございます。

キャンペーン期間

2018年6月7日(木)〜7月31日(火)

対象商品

プレゼント金額

  • 同一支店内、または異なる支店間で複数の口座をお持ちのお客様が、それぞれの口座で個人向け国債をご購入いただいた場合、そのご購入金額は合算いたしません。
対象金額※1 プレゼント金額
変動10年・固定5年
100万円〜199万円 2,000円
200万円〜299万円 4,000円
300万円〜399万円 6,000円
400万円〜499万円 8,000円
500万円〜599万円 15,000円
600万円〜699万円 18,000円
700万円〜799万円 21,000円
800万円〜899万円 24,000円
900万円〜999万円 27,000円
1,000万円 変動10年 固定5年
40,000円 30,000円
以降、100万円増額ごとに 4,000円追加 3,000円追加

※プレゼント金額の上限はありません。

ご参考:対象金額・プレゼント金額の計算方法について

【例1】10年債1,000万円、5年債1,000万円を購入

対象商品それぞれで計算

対象商品 対象金額 プレゼント金額
10年債 1,000万円 40,000円
5年債 1,000万円 30,000円
合計プレゼント金額 70,000円

【例2】10年債1,000万円、5年債500万円を購入し、5年債(差引対象銘柄)を500万円売却

10年債から優先して売却金額を差し引いて計算
10年債:1,000万円−5年債:500万円 

対象商品 対象金額 プレゼント金額
10年債 500万円 15,000円
5年債 500万円 15,000円
合計プレゼント金額 30,000円

【例3】10年債1,000万円、5年債500万円を購入し、10年債(差引対象銘柄)を900万円、5年債(差引対象銘柄)300万円を売却

  • 売却金額を合計し、10年債から優先して売却金額を差し引いて計算
    10年債:1,000万円−(10年債:900万円+5年債:300万円)
  • ①の売却金額の残額を同時に購入した5年債の購入額より差し引いて計算
    5年債:500万円−①の残額200万円 
対象商品 対象金額 プレゼント金額
10年債 0万円 0円
5年債 300万円 6,000円
合計プレゼント金額 6,000円

ご留意事項

  • 対象金額とは、各募集期間毎に下記①で計算された額面金額から下記②で計算された額面金額を差し引いた金額をいいます。なお、複数の対象商品を購入した場合は、変動10年債、固定5年債の順に差し引いた金額となります。 (6月募集分、7月募集分はそれぞれ別に計算します。)
  • 各募集期間毎において、変動10年債、固定5年債ごとの購入金額(額面金額)を算出します。ただし、変動10年債の購入金額(額面金額)と固定5年債の購入金額(額面金額)は合算しません。
  • 各募集期間毎の当社指定期間における個人向け国債(10年、5年、3年)の売却金額(額面金額)を合算します。ただし、以下の売却金額(額面金額)は合算しません。
  • 10年債 : 第23回(2008年7月発行)から第61回(2015年5月発行)
  • 5年債 : 第31回(2013年7月発行)から第49回(2015年5月発行)
  • 各募集期間における当社指定期間は以下の通りです。
  • 6月募集分:2018年6月1日(金)から7月11日(水)
  • 7月募集分:2018年7月2日(月)から8月10日(金)
  • 登録金融機関(銀行等)を通じて開設された口座は、本キャンペーンの対象外となります。ただし、現在当社の「インターネット支店」のお客様は対象となります。
  • 今後予告なく本キャンペーンの内容を変更、継続、または取扱を中止することがあります。

口座をお持ちでない方は、いますぐ口座開設!

いますぐ「個人向け国債」を購入する!

※ログイン後、「個人向け国債」購入注文画面へ移動します。

プレゼントについて

各募集月の翌々月下旬(予定)に、お客様の当社お取引口座に入金いたします(例:2018年6月募集分は2018年8月下旬予定)。取引残高報告書や日興イージートレードでご確認ください。プレゼントは課税対象となる場合がございます。詳しくは所轄税務署にご相談ください。