ケース1│【問題1】遺産分割のトラブル

日興で相続対策

ケース1 遺産はすべて妻にのこしたいが… 相続人である弟が相続の権利を主張してきそう

「遺言書」を作成することで遺産の相続割合を任意で設定することができます。

  • 兄弟・姉妹には遺留分がありませんので、遺言書により妻に全ての遺産をのこすことができます。

遺産分割対策について詳しくはこちら

「遺留分」とは

ご留意事項

このページの関連情報