2020年度の税制改正の内容

2020年度の税制改正の内容

NISA(少額投資非課税制度)の改正点

2020度改正税法の成立に伴い、NISAについて、以下の改正が行われました。

  • つみたてNISAは、5年間の延長
    制度の期限が、2037年末までであったのを2042年末まで5年間延長しました。2023年末までにつみたてNISAを始めた方は、20年間の非課税期間が確保されることになります。
  • 一般NISAは、2階建ての制度に見直したうえでの5年間の延長
    2024年から2階建ての制度に見直したうえで、制度の期限が2023年末までであったのを2028年末まで5年間延長しました。
    1階部分はつみたてNISAと同様の投資対象商品に対して、年間20万円(5年間で最大100万円)の非課税投資が可能です。また、2階部分は1階部分への投資をしていただくことを原則※1として、上場株式・公募株式投資信託等の投資対象商品※2に対して、年間102万円(5年間で最大510万円)の非課税投資が可能です。
    • ※1例外として、投資した経験のある方について、1階部分を投資せずに、「上場株式」に対してのみ2階部分で投資が可能です。
    • ※2レバレッジを効かせている投資信託、及び上場株式のうち整理銘柄・監理銘柄を投資対象から除外されます。
  • ジュニアNISAは制度期限の延長を行わず、2023年末をもって終了します。なお、2023年末までジュニアNISA口座を開設された方々は、成年年齢になるまでジュニアNISAで引き続き非課税で保有することができます。
  • 買付可能期間と購入金額のイメージ(2024年から)

つみたてNISA:5年間の延長

つみたてNISA:5年間の延長

一般NISA:2階建ての制度に見直したうえでの5年間の延長

一般NISA:2階建ての制度に見直したうえでの5年間の延長

ご留意事項

このページの関連情報