初めてでもわかりやすい用語集

延納・物納 (えんのう・ぶつのう)

相続税は期限内に金銭で一時に納めるのが原則ですが、それが困難な場合に申請することによって、分割(年賦)で納めることを延納、金銭ではなく不動産や有価証券などで納めることを物納といいます。

ワンポイント

平成29年度税制改正で、物納に充てることのできる財産として株式などの順位が一部変更になりました。これまで株式や社債などは第2順位でしたが、このうち上場されている株式、社債などが、国債や不動産などと同様、第1順位になります(施行時期は未定)。非上場の株式や社債などは従来通り第2順位です。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ