初めてでもわかりやすい用語集

保証期間付夫婦年金 (ほしょうきかんつきふうふねんきん)

保証期間付夫婦年金とは、終身年金のひとつで、保証期間中は年金受取人(※)の生死にかかわらず、年金が受け取れる年金保険のことです。また、夫婦のどちらかが生存している限り年金を受け取ることができ、万が一保証期間中に夫婦ともに亡くなった場合は、残りの保証期間分の年金を遺族が受け取ることになります。
保証期間は5年または10年を設定していることが多く、保険に加入する条件として、夫婦の年齢が一定の年齢差内であることが条件になっていることがあります。

※年金受取人と被保険者が同一の場合

ワンポイント

公的年金の場合、夫婦のどちらかが亡くなった場合、亡くなった人の分、年金額が減ることになります。しかし、保証期間付夫婦年金の場合は、年金額が減額されず、そのまま受け取ることが可能です。
一人になったからといって、生活費が大きく減るわけではないため、二人のときと同じように年金額が受け取れることで、安心感が得られます。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

関連ワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ