初めてでもわかりやすい用語集

新設住宅着工件数 (しんせつじゅうたくちゃっこう)

新設住宅着工は住宅投資の動きを見るために注目されています。特に戸数が注目されますが、景気動向指数の先行指数には床面積が採用されています。
景気動向指数の先行指数は、景気を先取りして変化すると考えられるものが対象で、その統計の結果を見て景気の先行きを予測しています。
新設住宅とは、届出のあった住宅工事のうち、新築、増改築によって住宅の「戸」が新たに増加した工事を対象としています。
住宅の売れ行きは、国民の購買意欲として表れるので、景気の先行きを読むひとつの目安とされています。

ワンポイント

住宅着工の大幅な増減は、建設や建材といった関連企業や、住宅購入に伴い買い替え需要が発生する家具や家電、自動車などの消費にも多大な影響を及ぼすので、GDPを上下させる要因となります。

この用語に出てきたワードを用語集で調べる

キーワードから探す

頭文字から探す

分類から探す

このページの先頭へ