資産運用の必要性

人生にはさまざまなイベントがあります。
「マイホームの購入や教育費 色々とお金が必要になるなあ」「老後の生活費 年金だけでは少し不安…」「いつかは投資をしてみたい」きっとそう思っている人は多いはず。

ライフイベントをイメージしてみましょう

金融電卓「増やすための利回り計算」

金融電卓「退職後の利回り計算」

マイホーム

家を建てたり、購入する際に住宅資金が必要となります。
30〜40代にかけて持ち家率が高くなる傾向があります。

教育

子供の成長に伴って、学校などの教育費が必要になります。
進学のタイミングに合わせて資金をまかなえるように準備が必要です。

豊かなセカンドライフ

老後の暮らし方によっても老後資金は異なります。
60歳以上夫婦の生活費はおよそ1億円かかると言われています。

人生ってどのくらいお金がかかる?

「住宅資金」「教育資金」「老後資金」は特に大きな資金が必要で、人生の三大資金と言われています。
どのくらいお金がかかるか見てみましょう。

詳しくはこちら

72の法則って?

今のような低い利回りの運用では、資産を2倍にするのに大変な時間がかかります。
「72の法則」とは、複利(利息にも利息がつく金利の仕組み)で運用した時に、資産を2倍にするのに必要な年数を簡単に計算する方法です。

詳しくはこちら

20代

30代

40代

50代

60代

70代

資産運用について考えてみよう

運用するお金を決める〜お金に役割を持たせよう〜

生活費などの支出に充てるお金以外は、当面は使わないお金として預貯金にすることが多いと思います。お金の役割にあった運用のバランスを考えることが必要です。

資産運用の世界でのリスク

一般的に「リスク」という言葉は、「危険」という意味でつかわれていますが、資産運用の世界では、「リターンの振れ幅」のことを意味します。

リスクとリターンの関係

リスクが高い運用 大きい収益が期待できる反面、大きな損失が発生する可能性もあります。
リスクが低い運用 期待できる収益は相対的に小さくても、リターンの変動幅も小さくなる傾向があります。

金融商品のリスク・リターン

どの金融商品にもリスクとリターンがあります。代表的な金融商品をリスク・リターンの関係に並べてみると下記のようにイメージできます。

  • 上記のリスク・リターンはイメージであり、将来の運用成果を約束するものではありません。

商品選びのヒント

商品選びのヒント

資産運用には株式、投資信託などさまざまな商品の選択肢がありますが、自分に合う商品は、どうやって選べばいいでしょう?ちょっと迷ったら簡単なシミュレーションをして、選び方の参考にしてみませんか。

分散投資のすすめ

分散投資は、投資対象を多様化させることで、資産運用に伴う価格変動リスクを低減させて好リターンをめざす有効な方法です。

国内外の国や地域、株式や債券など商品、円やドルなどの通貨と、積立などの時間で分けるという、大きく4つの考え方があります。

投資について楽しく学べる「FROGGY MAGAZINE」

Eメールサンプル

お金のことを語るのは、なんとなくカッコ悪いかも?という世の中の風向きを、ケロッと変えていく 投資情報メディア「FROGGY(フロッギー)」から、最新の記事や今オススメの記事などをご紹介いたします!

税制関連

特定口座を中心に株式・株式投資信託の税制について、わかりやすくご説明いたします。

日興ファンドラップ

日興ファンドラップはお客様ごとに異なる運用ニーズに、きめ細かくお応えできる資産運用サービスです。

このページの関連情報