法人のお客様

従業員持株会とは

従業員持株会とは、従業員の自社株式取得にあたり会社が拠出金の給与控除、奨励金の支給などの種々の便宜を与えることにより、従業員の自社株取得を容易にし、財産形成を助成する制度です。(持株会には、役員を対象とした役員持株会、取引先を対象とした取引先持株会などもあります。)

給与天引きで、知らず知らずのうちに財産形成

上場持株会の場合

たとえば皆様のなかには、財産形成にあたって毎月の出費をできるだけ減らし、余ったお金で貯蓄しようと思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、この方法は自己管理がよほどしっかりしていない限り、結局はお金が余らず、貯蓄に回せないという結果に陥りがちです。その点、持株会では給与や賞与から定額ずつ天引きされ、そのつど自社株を購入していきますので、知らず知らずのうちに財産を築くことができます。

多くの会社が奨励金を付与しています

低金利が続く今日では、お金の有効な運用先がなかなか見つからないのが実情です。ところが、そのような状況において多くの会社では従業員持株会の会員に対して、奨励金を付与しています。たとえば、10%の奨励金が付与されるということは、毎月10,000円ずつ拠出している方であれば、毎月1,000円の奨励金がもらえることになります。

自分で投資のタイミングを考える必要がありません

持株会は、持株会規約によりあらかじめ定めた日に株式を購入していきます。自分で投資のタイミングを考える必要はありませんので、お忙しい皆様でも気軽に株式の投資を行うことができます。毎月あらかじめお申込みされた金額で継続的に株式を購入することになります。

このページの関連情報