一般NISAとは

一般NISAとは、一般NISA口座で新たに取得した上場株式や株式投資信託等の「配当金・分配金・譲渡益」が最長5年間非課税となる制度です。

  • 2013年〜2037年は、復興特別所得税を含めると、20.315%になります。

一般NISA はやわかり4つのポイント

配当金・分配金・譲渡益が非課税に
対象は、上場株式、株式投資信託等

一般NISA口座で新たに取得した以下の金融商品について、配当金・分配金・譲渡益が最長5年間非課税となります。

一般NISA口座で購入できる商品は、金融機関によって異なります。

金融機関 一般NISA口座で購入できる主な商品
上場株式 株式投資信託 ETF 上場REIT
証券会社
銀行

※銀行では、金融商品仲介業を通じて、上場株式等の購入の取次ぎを行っている場合があります。

現在、特定口座で保有している株式を一般NISA口座に移管することはできるの?

  • 既に課税口座(特定口座・一般口座)で保有している商品を一般NISA口座に移し替えることはできません。
    一般NISAで新たに購入した上場株式や株式投資信託等が対象となります。

一般NISA口座を開設すれば、株式の配当金はすべて非課税になるの?

  • 一般NISA口座で保有する上場株式の配当金等を非課税とするためには、配当金の受け取り方式を「株式数比例配分方式」にしていただく必要があります。
    また、特定口座・一般口座で保有している株式の配当金は非課税になりません。
  • 外国上場株式等の配当金の場合、外国所得税(米国市場であれば10%)が現地で源泉徴収されたあとに、国内で税金が徴収されるしくみとなっています。一般NISA口座では、国内の税金分は非課税になりますが、外国所得税は課税となります。

他社で一般NISA口座を開いていますが、SMBC日興証券に変更することはできるの?

  • 一般NISA口座を開設する金融機関の変更は、1年単位でできます。
    ただし、金融機関の変更手続きをする場合は、変更しようとする年の9月末までに行う必要があります。
    また、その年に、既に一般NISA口座内で金融商品の購入をしていた場合は、変更できるのは翌年分の非課税投資枠からとなります。(その年の10月以降、翌年分の変更手続きが可能です)

NISA口座を開設する金融機関の変更手続き

このページの先頭へ

非課税期間は、最長5年間
途中の売却はいつでも可能です。

一般NISA口座で保有している上場株式、株式投資信託等の配当金・分配金・譲渡益が、最長5年間非課税となります。なお、途中での売却はいつでも可能です。

(例)国内株式を120万円で購入し、毎年3万円の配当金を受取り、5年後に200万円で売却した場合の比較

  • 一般NISA口座で保有している上場株式等の配当金等を非課税にするためには、配当金の受取方法を「株式数比例配分方式(配当金を証券会社のお取引口座で受取る方法)」にする必要があります。
  • 外国上場株式等の配当金の場合、外国所得税(米国市場であれば10%)が現地で源泉徴収されたあとに、 国内で税金が徴収されるしくみとなっています。一般NISA口座では、国内の税金分は非課税になりますが、 外国所得税は課税となります。

一般NISA口座で損失が発生したらどうなるの?

  • 一般NISA口座で上場株式等の譲渡損失が発生した場合、一般NISA口座以外で発生した他の利益(配当金・分配金・譲渡益)との通算や、譲渡損失の3年間の繰越控除の対象となりません。

非課税期間(最長5年間)が終わったらどうなるの?

  • 非課税期間が終わると、一般NISA口座で保有する上場株式や株式投資信託等は、①課税口座(一般口座や特定口座)に払出しされます。引き続き一般NISA口座で継続保有をご希望される場合は、②翌年の非課税投資枠に移行すること(ロールオーバー)も可能です。

①課税口座(一般口座・特定口座)へ払出し

払出し時の時価が新たな取得価額となります。

②翌年の新たな非課税投資枠へ移行(ロールオーバー)

非課税期間終了時の時価の合計額が120万円を超えた場合でも、翌年の新たな非課税投資枠へ移行(ロールオーバー)可能です。

  • 非課税期間終了前に別の年の非課税枠へ移行する場合、移行時の時価で120万円が上限となります。

このページの先頭へ

年間120万円を上限に投資が可能
投資可能期間は、2014年〜2023年の10年間です。

一般NISA口座では、年間120万円を上限に投資(買付)が可能です。
買付のイメージは下図のようになります。

  • 2024年より新しいNISA制度が開始される予定です。

一般NISA口座で購入した商品を売却したら、その分の非課税投資枠はまた使えるの?

  • 一般NISA口座で買い付けた上場株式や株式投資信託等を売却しても、新たな非課税投資枠は発生しません。

今年使い切らなかった非課税投資枠は、来年に繰越して使えるの?

  • 未使用分の非課税投資枠を翌年以降に繰越して利用することはできません。

投資信託分配金による再投資やスイッチングによる買付の取り扱いは?

  • 株式投資信託の分配金による再投資やスイッチングによる買付も、非課税投資枠を利用します。
  • なお、当社では、一般NISA口座での投信分配金による再投資のお取り扱いは致しませんのでご注意ください。

このページの先頭へ

20歳以上の日本居住者なら誰でも利用可能
ただし、一般NISA口座を開設できるのは、金融機関を変更した場合を除き、同一年において一人一口座

  • 一般NISA口座開設年の1月1日時点で20歳以上の日本居住者が対象です。
    一般NISA口座開設年の1月1日時点で19歳以下のお客様は、ジュニアNISA口座の開設が可能です。
  • 一般NISA口座で投資を行う場合、以下の各期間につきそれぞれ一般NISA口座を開設する必要があります。
    各期間につき一度一般NISA口座を開設すると、同一期間中は再度一般NISA口座の開設手続きを行う必要はありません。
  • (1)第1期間:2014年〜2017年の4年間
  • (2)第2期間:2018年〜2023年の6年間
(1)第1期間 (2)第2期間
2014年 2015年 2016年 2017年 (2)第2期間 2018年 2019年 2020年 2021年 2022年 2023年

このページの先頭へ

一般NISA口座開設までの流れ

NISA口座でお取引するにはNISA口座の開設が必要です。

つみたてNISA口座開設の流れつみたてNISA口座開設の流れ

  • NISA口座開設後の変更(一般NISA⇔つみたてNISA)をご希望の方は、オンライントレード(日興イージートレード)より、必要書類をお取り寄せいただけます。

「一般NISA」と「つみたてNISA」は同一年での併用はできませんのでご留意ください。

一般NISAかつみたてINSAどちらかを選択一般NISAかつみたてINSAどちらかを選択

NISA口座開設のご案内(一般NISA・つみたてNISA共通)詳細を見る

当社に口座をお持ちでない

証券総合口座開設

NISA口座開設へ

当社に口座をお持ちの方

NISA口座開設

ご不明な点やお問い合わせはNISA専用ダイヤル

0120-250-246
[平日]9:00〜17:00 ※祝日・年末年始を除く

商品資料ライブラリー詳細を見る

NISA向け商品の詳しい資料をご覧いただけます。

このページの関連情報