法人のお客様

株式上場(IPO)

株式の上場には、会社のさらなる収益機会の拡大や、企業価値の向上の実現が期待できるばかりでなく、役員・従業員の士気高揚など、上場にともなう様々な派生的効果も期待できます。
ただし、その一方で、考慮すべき留意点も存在します。

株式上場

  • 株式上場の初動段階の提案(企業評価、資本政策、財務戦略)
  • 取引所上場に向けた指導・助言
  • 資金調達の支援
  • 取引所上場後の支援、株式上場前後のIR

様々なメリットだけでなく、留意点についても理解することが重要です。

上場にともなう有形・無形の様々な効果とメリット

資金調達能力の向上・時価発行公募増資、公募社債等、直接金融への道が開ける 創業者利潤の獲得・上場時の売出しにより、大株主がキャピタルゲインを獲得 役員・従業員の士気高揚・インセンティブ制度の活用 信用力・知名度の向上・優秀な人材の確保・営業面でのビジネス機会の拡大等 アナリスト分析による自社現状把握・強み・弱み、競合他社等の把握・業界内でのマーケット分析 社内体制整備・経営管理体制の整備・業務プロセスの整備

上場にともない新たに発生する負担、考慮すべきリスク等

ディスクロージャー義務・法定開示(発行開示、流通開示)・適時開示 上場維持費用の発生・年間上場料の発生・会計監査費用 流動性の向上によるリスク・投機取引の対象・買収の可能性 自由な経営の制約・組織的会社運営・経営意思決定の迅速性 業績不振・不祥事に対する追求・経営者責任・株主代表訴訟 株主対策・株主総会対応・株式事務