女性の活躍

「ダイバーシティ&インクルージョン(Diversity & Inclusion/D&I)」とは、人それぞれの「多様な」違いを「受け入れ」、認め合い、活かしていく取り組みです。
当社では「多様性の尊重」を経営理念の柱の一つに掲げており、成長戦略をもってD&Iに取り組んでおります。
女性の活躍についても、D&Iの一環としてさまざまな推進を行っています。

女性社員の活躍
男女の別なくあらゆる社員が
活躍する職場環境へ
人事部ダイバーシティ推進室 室長 木村 英子
※取材当時
当社では、性別にかかわらず、多様な価値観を持った社員が個性や能力を発揮して働ける職場環境の構築に努めています。とりわけ女性の活躍推進は、人材の多様性を高め、少子高齢化社会において、変化する市場ニーズやリスクへの対応力を高める、欠かすことのできない成長戦略です。
具体的な取り組みとして、社員の多様な働き方をサポートするテレワークやシフト勤務・短時間勤務制度、育児中のフルタイム勤務を支援する託児補給金制度などを設けており、多くの社員が制度を活用し仕事とプライベートを充実させながら活躍しています。
またキャリア形成においては、外部団体による能力開発研修や、社内ネットワーク構築のための座談会、マネジメントの視座を高めるメンター制度など、多様なカリキュラムに多くの女性社員が参加しています。
女性特有のライフイベントに適した自然体で能力を発揮できる、やりがいのある職場環境。多様なキャリアを支援するサポート体制。私たちはそのような環境、体制づくりに取り組み、日々社員の皆さんの活躍を支援しています。
女性社員人数と比率

SMBC日興証券では、多くの女性社員が活躍しています。

総管理職人数に対する比率

女性の管理職登用を積極的に行っており、
女性管理職比率は業界内でも高い水準となっています。

女性のための
キャリア支援制度

女性が金融のプロフェッショナルとして活躍できるよう、女性社員に向けたキャリア支援の取り組みを拡充しています。

女性社員交流の場

女性社員向けキャリアセミナー

女性同士の座談会「The談会」

出産~育児に
関する支援制度

多様な社員が働きやすい環境づくりのために、社員の様々なライフイベントに対応した制度を整えています。
また、結婚・出産というライフイベントを経て、家庭と仕事を両立している女性社員もたくさんいます。

出産
通勤緩和・勤務時間の短縮
妊娠中に医師等の指導を受けた場合、その指導内容により勤務の軽減、勤務時間の短縮、休業等が可能です。
勤務時間内通院
妊娠中は、妊娠週数の区分に応じた回数、保健指導または健康診査を受けるために必要な時間を確保できます。
産前休暇
出産日の8週間前(多胎妊娠の場合は14週間前)から休暇を取得できます。
産後
產後休暇
出産日から8週間は、医師の特別な許可がある場合をのぞき、就業できません。
育児休業
産後休暇後、子どもが3歳になるまで育児休業を取得できます。
託児所・ベビーシッター
外部提携機関を利用し、託児所・ベビーシッター等の割引を受けることができます。
復職支援プログラム

産休・育休を取得する社員が、復職後も仕事にやりがいや充実感を持って働き続けられる環境づくりを支援する目的で、2012年に復職支援プログラムを策定、運営を開始しました。妊娠から出産、職場復帰までの各段階において、同じ境遇の社員とのネットワークづくり、情報共有、管理職とのコミュニケーション、知識・スキルの補強を図る支援プログラムを用意しています。

看護特別休暇
中学校就学前の子どもの病気や怪我によって看護を必要とする場合に、通常の有給休暇とは別に看護休暇を取得できます。
残業制限
中学校就学前の子どもを養育する際は、本人の申し出により残業が免除されます。
育児短時間勤務
子どもが中学校へ就学する前月まで、一日の勤務時間を短縮することができます。
ウェルカムバック制度
育児や介護などの理由により当社を退職する社員を、退職後10年以内に正社員として再雇用する制度です。男女を問わずライフステージの変化に対応できる体制とすることで、社員が安心して働ける環境を作ることを目的としています。
他の取り組みも…

当社では男性の育児休暇取得にも力を入れており、2021年度現時点で当社は100%の男性育休の取得達成しています。男性社員が育児を行うことは、配偶者の育児・家事負担の軽減のみならず、早期の職場復帰の支援、女性活躍の推進、ジェンダー平等への取り組みにつながります。

SCROLL