サステナビリティ

SMBC日興証券では、持続可能な社会の実現を目指し、経営理念や行動規範、SMBCグループの定めるサステナビリティに関する方針等に沿って、サステナビリティの推進に取り組んでいます。

SMBC日興証券
として
取り組むべき
重点課題(マテリアリティ)

SMBCグループでは、ステークホルダーからの要請に応え、社会課題の解決に貢献していくために、「環境」「コミュニティ」 「次世代」を重点課題に設定しています。当社もSMBCグループの一員として、SDGsが目標とする2030年を見据え、取り組むべき項目・課題を明確化し、活動しています。(2023年3月時点)

環境

当社は、地球環境が最大のステークホルダーであると認識しています。日本初の環境関連ファンド「エコファンド」や、資金使途が環境関連事業に限定されるグリーンボンドの発行等、事業活動を通じた環境への貢献に先駆的に取り組んでいます。 また、企業市民として環境保全に貢献すべく、環境マネジメントにも注力しています。

SDGsとの合致

コミュニティ

全国に支店を持つ当社にとって、地域と共生し、地域社会に貢献することは重要なテーマであり、各地域におけるさまざまな課題をステークホルダーとともに解決していける存在を目指しています。地域コミュニティ活性化のためのボランティア活動の促進や、社会課題解決を推進するために、社会に役立つお金や人の流れの構築、整備などに取り組み、コミュニティへの貢献を行っていきます。

SDGsとの合致

次世代

持続可能な社会の発展には、次世代の担い手となる子どもたちの育成、新産業の創造、新興国などの健全な経済成長が不可欠です。当社では、各世代のニーズに応じた金融経済教育の提供を通して、正しい資産形成、ひいては健全な資本市場の実現に貢献していくとともに、次世代のサポートを行っているNPOの支援・協働などを通じ、若い世代の未来へのチャレンジをサポートしていきます。

SDGsとの合致

サステナブル・ファイナンス部

当社では、金融・資本市場におけるビジネスを通じた環境・社会課題の解決のため、2018年に専門部署であるSDGsファイナンス室(現:サステナブル・ファイナンス部)を設置し、グリーンボンドやソーシャルボンドといったSDGs債やグリーンエクイティ等、幅広く企業のサステナブルファイナンスを支援しています。ファイナンス支援業務の他には、企業のサステナビリティ情報の開示支援や、ESG格付けの向上といった各種アドバイザリー業務にも力を入れています。
また当社は、企業への支援に加え投資家への働きかけとして、セールスを中心としたSDGs債に係る投資表明の推進や、ESG関連投資信託の販売を促進する等、全社一丸となってお客様のESGのニーズにお応えしております。こうした取組みの積み重ねにより、2021年に環境省が開催した”ESGファイナンス・アワード”の金融サービス部門で、銅賞を受賞しております。

SMBC日興証券のサステナビリティ推進についての詳細は、下記リンク先(SMBC日興証券ホームページ)よりご確認ください。
https://www.smbcnikko.co.jp/csr/policy/index.html

SCROLL